脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

脂肪肝改善サプリランキング

脂肪肝に効果的な本当に効く人気のサプリメントをランキング形式でまとめました。

・どのサプリが脂肪肝に効果があるんだろうか

・そもそもサプリで脂肪肝は治る?

・楽して脂肪肝を治療する方法はない?

こんな疑問を解決します。

肝臓サプリは脂肪肝改善に効果的なのか

オルニチン、タウリンなどの肝臓にいい成分は成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンによって脂質代謝がアップすることで脂肪肝が改善されます。

普段の食事でとるのが一番です。しかし現実には難しい。サプリメントをうまく使って肝臓に良い栄養を与えましょう。

脂肪肝サプリの選び方!3つのポイント

脂肪肝サプリはどれがいいのかわからなという場合は次の3つのポイントをチェックしてみましょう。

肝臓にいい成分の量

原料や製造過程の品質の高さ

始めやすく続けやすい価格

当サイト管理人がこの3つのポイントに着目して厳選した脂肪肝にきく肝臓サプリメントを紹介します。

 2017年版!脂肪肝サプリランキング

1位:レバリズム-L

おすすめ度有効成分安全性価格
オルニチン、タウリン、亜鉛、スクワレン国産原料初回980円(定期3,980円)、解約自由

飲み過ぎが気になる人がもう手放せないレバリズムLです。

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンからできたサプリメント!

肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富なため毎日の元気におすすめです。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリならレバリズムです。

肝臓の解毒作用をアップするシスチン、ビタミンB2やビタミンEも含んで抗酸化作用で老化も防ぎます。

国の定めた基準量の栄養成分を含んだ栄養機能食品!

脅威のリピート率97%が効果の証

肝臓の特効薬しじみエキス、牡蠣エキスにスクワレンすべて入っているのはレバリズムだけ

子供でも飲める天然成分とこだわりの国産原料

キャンペーン価格980円(税込・送料無料)で始められコスパ最高

 

2位:肝パワーEプラス

おすすめ度有効成分安全性価格
亜鉛、スコルジニン、クエン酸、ビタミンハイクオリティ認証、GMP認定工場お試し980円(5日分)

肝パワーEプラスは28年750万袋以上売れている超ロングセラー

広島産牡蠣、長野産ジャンボにんにく、紀州産南高梅という厳選した伝統の国産食材を配合。

亜鉛、スコルジニン、クエン酸、ビタミンE、ビタミンB群豊富で

素材の産地と量にこだわってカラダに力強い栄養が期待できます。

1ヶ月8,748円とやや高いのがネックですがそれだけの価値はあります。

モンドセレクション金賞(2016年)受賞

ハイクオリティ認証取得した高品質な製造工場

フリーズドライ製法で添加物を一切含まない純度100のにんにく成分が凝縮

5日分を980円でお試しできる

 

3位:贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα

おすすめ度有効成分安全性価格
亜鉛、マカ、サポニンGMP認定工場初回1,058円(定期3,218円)、解約自由

年齢とともに元気がなくなって来た男性には牡蠣のチカラα

広島県産の牡蠣エキス、マカ、高麗人参をプラスして最強の滋養サプリです。

厚生労働省の1日の亜鉛摂取推奨量12mgを超える亜鉛16mg配合。朝から元気になると評判です。

亜鉛以外にも20種類以上のアミノ酸、タウリン、グリコーゲン、ビタミン、サポニンが豊富です。

GMP認定工場で安心の国内産。1日あたり約100円のお手頃価格で続けやすい。

亜鉛とマカが豊富なため男性の元気や妊活などで人気があります。

 

4位:海乳EX

たった2粒で厚生労働省推奨量の亜鉛1日12mgをとれる海乳EX!

亜鉛、アミノ酸、グリコーゲン、ビタミンB群が豊富な牡蠣が入った栄養機能食品。

初回980円、2回目からも1,949円とお手頃価格。

ほうれん草の19倍の亜鉛を含む海のミルクと言われる牡蠣のサプリ。

牡蠣だけで十分だからとにかく安くしたいという場合は

 

5位:きなり

健康診断で要注意と診断されたら、ぜひ飲み始めたいのが「きなり」です。
DHAサプリの中でもとくに注目の商品で、業界最高レベルのDHAとEPAが摂取できると話題です。

 

結局、レバリズムLが一番オススメ

迷ったらランキング1位のレバリズムLがおすすめです。

しじみと牡蠣とスクワレンが全て入っているのはレバリズムだけ。成分、品質、口コミ、飲みやすさ、続けやすい価格とレバリズムがダントツの1位です。

外食や飲み会が多い人、油ものがもたれるようになってきた人には特におすすめです。

何より実際に飲んでみて数値が下がったのが一番のポイントです。

 

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

 

 

 

 

市販の脂肪肝サプリ

薬局やドラッグストア等で手軽に買えるサプリメントもあります。これらの市販サプリは当サイトではおすすめしていません。

理由は配合量の少なさと安全性です。安いサプリはそれだけ手がかからずに作ってあります。配合量が少ないものが多数です。

一見配合量は多く見えるものも特定の成分だけを抽出したものです。成分に偏りがあるため体への吸収が悪く結果的に少ないのと同じになります。

アミノ酸を効率よく吸収するにはビタミンB群が必要です。そのバランスも重要です。そういった観点が抜けているものが多いです。

また、添加物は肝臓で処理されます。添加物が含まれていると肝臓に負担をかけることになり逆効果です。

上記の観点でチェックしてOKなものがあれば試してみるのもよいでしょう

薬局・ドラッグストアで買える市販の人気脂肪肝サプリ3つ!肝臓の疲れをとる

薬局・ドラッグストアで買える脂肪肝の市販薬や脂肪肝サプリが人気です。 気軽に買えるサプリの中でおすすめを3つ挙げると、アサヒEPA×DHAナットウキナーゼ、DHCのDHAサプリ、DHCのオルニチンです ...

続きを見る

DHCの脂肪肝サプリメント

DHCのサプリは種類が多いため特定の成分だけ多めに取りたい場合には使い勝手がよいです。脂肪肝によいききそうなサプリメントもあります。

脂肪肝に効くDHCのサプリ4つ!肝臓の疲労回復におすすめ

脂肪肝を放っておくと、肝炎や肝臓がんを引き起こすとても怖い病気ですので、この脂肪肝を一日でも早く治すために効果的なDHCのサプリ3つを紹介します。 DHCのオルニチン まず1つ目にDHCのオルニチンと ...

続きを見る

脂肪肝の人が飲んではいけないサプリメント

脂肪肝のように肝臓が弱っていると口にしてはいけないサプリメントもあります。非常に重要なことなのでこちらの記事でまとめています。

脂肪肝の人が飲んではいけないサプリメント!理由は鉄

肝臓に脂肪がついてしまった脂肪肝。3%~5%の脂肪は健康な肝臓にもついていますが、5%を超えると「脂肪肝」と言われます。 そして、脂肪肝をはじめとする肝臓が弱っている方が注意すべき栄養素は「鉄分」です ...

続きを見る

 

 

 

 

脂肪肝の予防・進行防止が期待できる栄養素

健康診断で脂肪肝と診断を受けたときには、食事から炭水化物と脂肪の割合を減らし、適度な運動を行うことが大切です。
しかし、デスクワークで、食事も外食が多い場合にはなかなか実行することができません。そのために、脂肪肝の予防・進行防止が期待できる栄養素を紹介します。

お勧めは、カプサイシン、必須アミノ酸、食物繊維、乳酸菌です。

 

カプサイシン
脂肪の消費を増やすにはカプサイシン。ただし、カプサイシンを摂取するだけでは、脂肪がエネルギー源になるだけで、基礎代謝量や運動を行わないと、余ったエネルギー源を回収して脂肪を作り出し、細胞内に蓄積してしまいます。

同じ有酸素運動をしている場合には、カプサイシンをとった方が脂肪を効率的に消費するのも事実ですので、ストレッチをするだけでも構いません。基礎代謝を簡単に増やすのは呼吸を意識して行うことです。深呼吸を意識的に1時間に5分ぐらいするだけで基礎代謝量が上がります。

基礎代謝量とは人が生きていく中で、使ってしまうエネルギーのことです。心臓の鼓動や呼吸等は普段は意識せずに行っています。心臓の鼓動を意識的に変動することは不可能ですが、呼吸は意識的に深呼吸をすることで基礎代謝量を増やします。寒さに耐えることも体温を調節するために脂肪を燃焼して熱を出そうとします。これは脂肪組織に蓄えた脂肪を主に使いますが、脂肪細胞の脂肪が不足すると肝臓で蓄えている脂肪から補給が行われるので、結果として肝細胞の脂肪を減らすことができます。

必須アミノ酸
基礎代謝量を増加するには必須アミノ酸を含むサプリメントも有用です。必須アミノ酸は血管を拡張したり、ホルモン分泌を促進したり、筋肉になるなどの働きがあるので、結果として基礎代謝量を増加します。

食物繊維
食物繊維を含むサプリメントや機能性食品は炭水化物や脂肪の吸収を防ぐので、過食による脂肪肝の予防に役立ちます。よくあるのはサプリメントを飲んでいるから大食いしてもよいと考える人がいますが、これは大きな間違いです。普段の食事が過食気味の人がサプリメントによって過食分を減らすことが目的です。

乳酸菌
乳酸菌や乳酸菌を増やす成分(乳酸菌特有の餌)を持つサプリメントも脂肪肝の予防効果があるかもしれません。腸内細菌叢の悪玉菌が脂肪の吸収を促進している場合があるので、乳酸菌を腸内細菌叢で増やし、悪玉菌を減らすことができるので、効果が期待できます。乳酸菌や乳酸菌を増やす成分は止めると比較的早期に効果が消えてしまうことです。

アルコール性脂肪肝の原因

アルコール性脂肪肝は過剰の飲酒(1日平均エタノール60g以上)から脂肪肝になっているものを指します。アルコール性脂肪肝の場合にはアルコールを控えることによって脂肪肝は改善します。アルコール性脂肪肝の原因、病態、予後について説明します。

長期にわたる(通常は5年以上)にわたる過剰の飲酒が原因となります。過剰の飲酒とは1日平均純エタノール60g以上の飲酒を指します。
ビールのアルコール含有量は5%ですので、1.2リットルになります。焼酎などは25%ですので、オンザロックで飲むと240cc、お湯割り半々で480cc、ウイスキ-は45%ですので、33ccとなります。意外と少ないと思ったあなたはアルコール性脂肪肝になっているかもしれません。

肝臓はアルコールをアセトアルデヒドに代謝してから、水と二酸化炭素にして、尿と呼気に放出します。アルコールは毒性物質ですが、アセトアルデヒドも毒性物質です。従って、肝臓は酵素を総動員してアルコールやアセトアルデヒドを分解します。1日であれば酵素を総動員しても翌日アルコールを飲まなければ肝臓は復活します。
しかし、アルコールを代謝するために酵素が総動員するのが続くと肝細胞に障害が起こってきます。γ-GTPは肝臓の総動員の状況を反映します。そのため、1週間ほど連続して大量のアルコールを摂取すると肝臓の機能を表すASTやALTが正常値でも、γ-GTPが上昇します。

女性の場合は男性に比べて、アルコールをアセトアルデヒドにする酵素活性が弱いことから、酵素の総動員が係ることが多く、1日平均40g以上でもアルコール性脂肪肝が発生することがあります。

アルコール性脂肪肝の病態

症状としては何も起こらない場合が多くなっています。健康診断でγ-GTPだけが上昇している場合には、脂肪肝予備群と考えて良いでしょう。休肝日を設けることでγ-GTPが低下します。お酒が好きな方はこの段階で休肝日を設けることが必要です。

ALTやASTも上昇し、特にASTがALTの2倍になっているような場合には、アルコール性脂肪肝が進行しておりアルコール性肝炎の一歩手前です。この場合には禁酒となります。
アルコール性脂肪肝の予後
アルコール性脂肪肝に留まっている場合には特にリスクは上がりません。
アルコール性肝炎を発症した場合にはリスクが上昇し、アルコール性肝硬変で吐血した場合には大腸がんと同じで5年後に生きている可能性は50%です。禁酒という治療を行わなければその可能性は更に低くなります。

 

アルコール中毒との関係

日本人の場合にはアルコール中毒になる可能性は欧米人に比べて低くなっています。それはアルコールをアルデヒドに分解する酵素が少ないからです。

しかしながら、嫌なことを忘れたい、気分が沈む、といった状態で飲酒をするとアルコール中毒になりやすくなります。アルコール中毒になると、精神科で治療を行わないと禁酒ができないことから、アルコール性脂肪肝からアルコール性肝炎やアルコール性肝硬変に移行します。日本においては肝移植が一般的ではないことから、治療法は対症療法しかなく、禁酒しない限り肝硬変の症状が出ると、大腸がんの末期のように、あと1年しか生きることができなくなります。

抑うつ傾向のあるときや、対人関係に問題がある場合に、お酒に逃げないことが大切です。

肝臓における中性脂肪の代謝

食品中の脂質は、胃で分解されて、脂肪酸、リン脂質、コレステロール等になり、小腸が吸収します。小腸は脂肪酸はトリグリセロールに合成し、リン脂質とコレステロールなどを巻き込んだミセルを作ります。ミセルとは外側は水に溶け、内側が油を溶かすことができる球体で、血液などの体液中に油性成分を運ぶための形です。
セッケンが油を溶かして、油汚れをとるのと似ています。

このミセルはリンパ管に移行して脂肪組織と肝臓に取り込まれます。脂肪組織ではトリグリセリドの形で脂肪を貯蔵します。

肝臓に移行したミセルは肝細胞内でトリグリセリドとリン脂質とコレステロールに分解します。肝臓は酢酸から合成したコレステロールと合わせて再びミセルを形成して血中に放出します。これをLDLと呼びます。LDLは各細胞にトリグリセリドとコレステロールを運び、運び終わったLDLは再び肝臓に戻って、HDLに変化します。HDLは各細胞から余ったコレステロールやトリグリセリドを回収します。

肝臓に脂肪がたまる原因

肝臓に脂肪がたまる原因は、必要以上に脂肪を摂取した場合に、脂肪酸が増え、それが脂肪にたまることによって起こります。

LDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)は体の中のコレステロール量を一定にするために、過剰になった場合はLDLの量を少なくします。そうなると、トリグリセリドは肝臓から放出できずにたまってしまいます。一部は胆汁酸から排泄されますが、エネルギー源である脂肪は原則として燃焼してエネルギーに変えることにより消費することが体内では原則となっているので、その割合は少なくなっています。

もう1つ肝臓に脂肪がたまる理由があります。炭水化物のとり過ぎです。炭水化物が過剰になると、肝臓は脂肪酸に加工して保存します。炭水化物が不足すると脳が唯一エネルギー源として利用可能なブドウ糖が不足します。その際にはこの脂肪がブドウ糖に再生します。

中性脂肪を減らして脂肪肝改善

脂質が多く含まれている食べ物を食べ過ぎたりお酒を飲み過ぎてアルコールを摂取し過ぎてしまうと肝臓に中性脂肪が蓄積されて脂肪肝になってしまいます。脂肪肝になってしまうと肝機能が低下して肝硬変や肝臓がんのリスクも高くなり動脈硬化など生活習慣病を引き起こす可能性もあります。健康面を考えると脂肪肝を改善していく必要があるので肝臓に中性脂肪が蓄積されにくくする食事の方法を見ていく事にしましょう。

・糖質の取り過ぎに注意する

ケーキやデザートなど甘い食べ物を食べ過ぎてしまうと糖質を取り過ぎてしまい肝臓に中性脂肪が蓄積されて脂肪肝になってしまいます。脂肪肝を改善していくには甘い食べ物を控えて糖質を取り過ぎないように注意していく必要があります。

・野菜から食べて血糖値が上がらないようにする

血糖値が上がってしまうとインスリンが大量に分泌されて肝臓に中性脂肪が蓄積されて脂肪肝になってしまいます。脂肪肝を改善していくには野菜から食べるようにして血糖値を上がらない状態にしてから炭水化物などを食べるようにすると効果的です。

脂肪肝を改善する期間と時間の経過(一週間後と一ヶ月後)

脂肪肝を改善していくには野菜を中心とした食生活にしていく事が大切になってきます。また肝臓に蓄積された脂肪はウォーキングなど有酸素運動をして落としていく事が出来ます。脂肪肝を改善する事が出来る期間は人によって異なってきますが、一般的には1ヶ月で改善する事が出来ると言われています。

まず野菜を中心とした食生活にして脂質の摂取を抑えると肝臓に脂肪が蓄積されなくなってくるので1週間後にGOTやGPTの値が下がってくるので効果が出てきます。それでウォーキングなど有酸素運動を取り入れていくと肝臓に蓄積された脂肪が燃焼されていくので1ヶ月後には脂肪肝を改善していく事が出来ます。しかし体質によって誤差があるので中には2~3ヶ月かかってしまう人もいます。

脂肪肝を改善していくには野菜を中心とした食生活に変えていきウォーキングなど有酸素運動を取り入れて毎日続けていく事が大切になってきます。毎日続ける事によって効果も出やすくなり1ヶ月で改善する事が出来ます。

断食による食生活の見直しで脂肪肝の改善

食べ過ぎや飲み過ぎと強い関連性を持つ脂肪肝を改善するには、食事療法が効果的です。カロリーや糖質、脂質が過多な食生活を見直し、断食を取り入れるのも有効な方法のひとつです。急激な断食をするのではなく、三食のうち一食を食べない、などプチファスティングからスタートした方が、体に過度な負担を掛けずに済みます。脂肪肝改善の効果を上げたい場合は、夜に断食をするのがおすすめです。朝や昼の食事で摂取したカロリーは、日中の活動で消費されやすいのに対し、夕食で摂取したカロリーや栄養素は体内に貯えられて、脂肪肝の一因ともなります。

断食を取り入れたからと言って、他の食事で好きな物を好きなだけ食べても良いわけではありません。ビタミンや食物繊維が豊富な野菜の摂取量を増やし、たんぱく質を含む肉や魚、豆類も取り入れましょう。肉を選ぶ時のポイントは、脂質の少ない部位を選ぶことです。鶏肉ならささみや胸肉、豚肉、牛肉ならもも肉がおすすめです。

断食も含めた食事療法の実践で、健康的に脂肪肝の改善が目指せます。

飲酒と禁酒とアルコール

脂肪肝を大きく分けると、アルコール性脂肪肝と非アルコール脂肪肝の2種類に分ける事が出来ます。アルコール性脂肪肝は、まさしくお酒の飲みすぎが原因で脂肪肝になるという事です。

脂肪肝の改善には、特効薬と呼べる薬物治療は確立していないと言われています。お酒の飲みすぎが原因であれば、禁酒をするという事がまず改善するうえで一番大切になってきます。

アルコールを飲むと、その約90%は肝臓に運ばれ酵素を使って分解され、最終的に二酸化炭素と水にまで分解し体外に排出されます。例えば日本酒1合を分解するには3時間かかると言われています。この程度であれば、お酒を飲むことは体に良いとされていますが、1日5合以上飲みつ続けると分解メカニズムのバランスが狂い、脂肪の分解を抑制したり脂肪酸の合成を高めてしまい、肝臓に脂肪が増えてしまい、2週間で脂肪肝になると言われています。

脂肪肝を放置すると症状が更に悪化し最終的に肝がんになりますが、肝臓は元々再生力の強い臓器ですので、脂肪肝の状態であれば、1ヶ月間禁酒すれば完全に回復する事が出来るのです。1か月の禁酒が難しいのであれば、普段から飲酒の量が増えすぎないよう気を付けたり、週に2日連続で禁酒するなど肝臓の負担を減らすことが脂肪肝を防ぐ事に繋がります。

血糖値の急激な変化と脂肪肝

血糖値と脂肪肝には深い関係があります。砂糖や白米など、血糖値を急激に上昇させるような食べ物をためると太りやすいと言われますが、これは一度に大量に出来たブドウ糖を処理しきれずに、体内に脂肪として残ってしまうからです。体内に残った脂肪は肝臓にも蓄積されていくため、太っていくと脂肪肝にもなりやすくなるわけです。

逆に、血糖値を上げにくい食べ物、GI値の低い食べ物を食べていると、血中のブドウ糖も少しずつ流れてくるため、うまくエネルギーとして代謝されることができます。ブドウ糖のしょりがうまく行って、体内に脂肪として残らないので肝臓にも蓄積されない、ということです。

脂肪肝というと、過度のアルコールの摂取によって起こった肝臓の症状だと想像しがちですが、アルコールに由来しない脂肪肝もあります。NAFLD(nonalcoholic fatty liver disease)非アルコール性脂肪肝疾患と呼ばれるタイプです。メタボ由来の脂肪肝と言われ、NAFLDを患うほとんどの人が、2型糖尿病、肥満、高血圧などの生活習慣病を持ち合わせています。血糖値が上がりやすいものをたくさん食べ続けてしまったがために引き起こされた脂肪肝もこのタイプです。

健康な人であれば、肝臓細胞の中に少々の脂肪があるのも普通で、何の問題もありません。しかし、脂肪が過剰に蓄積されてくると、心臓病のような重大な疾病を引き起こすリスクが高まります。糖尿病などの生活習慣病を持っている方は、すでに心血管の病気になるリスクが高いわけですから、脂肪肝になることでそのリスクはさらに高くなってしまいます。NAFLDの中にも、炎症をともない繊維化が進み、やがて肝硬変、肝臓がんとなる進行形のタイプもあります。

放っておくと命取りともなる脂肪肝。改善はメタボ対策と同じ、毎日規則正しくバランスの取れた食事をすること、適度な運動をすることです。聞きなれた言葉なので、右から左へと通り抜けてしまうかもしれませんが、手遅れになる前に始めたい習慣です。

脂肪肝改善のブログ

脂肪肝はアルコール大好き人間やメタボ体型の人に多くみられる 症状ですが、病院や薬に頼らずサプリで改善する事も可能です。色々なブログなどでも語られているので調べてみましたので参考にしてみて下さい。まずアルコールで脂肪肝になっている人はアルコールの分解を助けてくれるサプリを摂取する事が大事です。

お勧めなのは成分としてタウリン、オルニチン、亜鉛などが含まれているものでサプリとしてはレバニズムや肝心習慣などがいいようです。そしてすでに肥満体型になっている人は身体や肝臓に溜まっている脂肪を体外に出さなければなりません。

その働きをする成分はタウリンとマカでタウリンは肝臓に溜まっている脂肪を外に出す効果があり、マカは脂肪燃焼効果が非常に高いと言われています。お勧めサプリは牡蠣の力が効果がありそうです。脂肪肝を改善する為にはその他色々な種類のサプリが売られていますが、どのブログも効果を出そうと思って一度に沢山飲んでは駄目と書かれています。

これはどのサプリにも言えますが人間の身体は一度にその成分を吸収できる量は限られています。そしてそれより多くとっても排出されてしまうか他に影響を与えてしまうかのどちらかです。地道にサプリで時間をかけて治していく事が脂肪肝になりにくい体質改善に繋がるのでのんびり取り組んでいきましょう。

糖尿病と脂肪肝は密接に関係している

食事をした後に血液中にある必要以上の糖を出して、その排出した糖を保管してくれているのが肝臓です。肝臓は糖のタンクであり、血液中に糖が足りなくなった時に肝臓から糖を出して血糖値を保ちます。脂肪肝になってしまうと今説明したことを体内でしてくれなくなってしまいます。

なぜ脂肪肝になってしまうかというと、インスリンというのが関わっています。このインスリンには、肝臓の糖を取り込んだり出したりするという指令をする働きがあります。先程説明した通り、食事をすると血液中にある余分糖を肝臓に保管してくれます。

糖を摂りすぎると肝臓に糖を保管しきれなくなってしまい、糖を取り込むためにインスリンがスペースを作り出そうとします。この状態が続いてしまうと脂肪肝になってしまい、糖を取り込めなくなってしまいます。これが糖尿病になってしまう原因です。

脂肪肝を改善するには、数日間低脂肪食にするだけで改善できることがわかっています。最近の若い子でも糖尿病になる人が多いと言われています。高脂肪食が3日に続けただけで、糖尿病になるレベルまでなるそうなので、食生活には気を付けるようにしましょう。

漢方だけで肝臓の数値は改善はできない

食べ過ぎやお酒の飲み過ぎにより、発症してしまうことのある脂肪肝は、漢方で良くすることができます。漢方の「大柴胡湯」は、脂肪肝の改善をサポートしてくれるものになります。その大柴胡湯は、体の内臓についた脂肪を燃焼しやすくする効果があります。

そのため、その漢方を飲むだけでは、内臓についた脂肪を燃焼させることはできません。この漢方はあくまで、脂肪の燃焼を助ける働きをするだけです。そのため、有酸素運動などをして脂肪を燃焼させる必要があります。その脂肪の燃焼を漢方がサポートする形になります。したがって、大柴胡湯を飲むだけでは脂肪肝を改善する効果を得ることはできないので注意しましょう。

また、「桃核承気湯」という漢方も脂肪の燃焼をサポートしてくれます。この漢方は、肝臓の脂肪の燃焼をサポートしてくれるので、大柴胡湯と同じく運動などをして、脂肪を燃焼させましょう。以上のように、漢方は脂肪肝を改善させるものではなく、改善をサポートしてくれるものになります。

脂肪肝改善には筋トレよりウォーキング

脂肪肝の改善には運動が1番の効果的といわれております。その運動もただすればいいのではないので注意しなければなりません。運動には大きくわけて2種類あり、有酸素運動と無酸素運動にわけられます。

有酸素運動とは、軽度の運動負荷を継続的にかける運動で、ウォーキングや水泳、サイクリングが代表的な有酸素運動になります。

無酸素運動とは、短時間に運動負荷をかける強度の高い運動で、筋肉量を増やす運動で、筋トレやウェイトトレーニング、短距離走が代表的な無酸素運動になります。

このなかで、脂肪肝を改善するのに適した運動が、有酸素運動になり、この運動は、酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させることになります。
継続的に運動することが大事なので、手軽にできるのがウォーキングが1番です。

このウォーキングは、20分以上をそれなりの速度で歩くことが脂肪肝を改善するためのコツになります。
このため、脂肪肝の改善には運動が1番ですが、筋トレではなく、有酸素運動のウォーキングがオススメになります。

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

 

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 All Rights Reserved.