脂肪肝は死亡肝!?改善しないとマジやばいよやばいよー

脂肪肝は肝臓細胞内に中性脂肪がたまった状態を指します。脂肪肝はすぐに治療が必要な病気ではありませんが、肝炎から肝硬変にすると治療が非常に難しくなります。また、肝炎を発症すると肝臓がんになるリスクが上昇します。

つまり、中性脂肪でテッカテカのフォアグラ化した肝臓を放置しているとこんなことになります。

 

脂肪肝 ⇒ 肝炎 ⇒ 肝硬変 ⇒ 肝がん

ガーン!肝がん!

 

笑ってられない。リアルガチにやばいです。死ねます。

リアルガチ

 

自覚症状無し!脂肪肝は自分では分からない

なんでそんなにやばいのに脂肪肝を軽く見ちゃうのか?

それは、脂肪肝になっても自覚症状が全くありません。

なので自分で脂肪肝かなと思って病院に行く人はまずいません。

 

脂肪肝は健康診断で肝臓の数値が悪いと言われた場合や、生命保険用の健康診断で腹部超音波試験(エコー)やCT受けた場合に見つかる場合がほとんどです。

超音波試験では正常では腎臓と肝臓はほとんど同じ色をしていますが、脂肪肝になると肝臓が白く見えます。

CT試験では脾臓に比べて肝臓が黒くなっています。テッカテカのフォアグラです。

 

肝臓に脂肪がたまる原因

肝臓に脂肪がたまる原因は、必要以上に脂肪を摂取した場合に、脂肪酸が増え、それが脂肪にたまることによって起こります。

 

LDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)は体の中のコレステロール量を一定にするために、過剰になった場合はLDLの量を少なくします。そうなると、トリグリセリドは肝臓から放出できずにたまってしまいます。一部は胆汁酸から排泄されますが、エネルギー源である脂肪は原則として燃焼してエネルギーに変えることにより消費することが体内では原則となっているので、その割合は少なくなっています。

 

もう1つ肝臓に脂肪がたまる理由があります。炭水化物のとり過ぎです。炭水化物が過剰になると、肝臓は脂肪酸に加工して保存します。炭水化物が不足すると脳が唯一エネルギー源として利用可能なブドウ糖が不足します。その際にはこの脂肪がブドウ糖に再生します。

 

脂肪肝の予防・改善方法は食事と運動が基本

脂肪はエネルギー源として利用するのと、ブドウ糖の保管のために肝臓は炭水化物から合成します。

脂肪はエネルギー源であることから、エネルギーが不足気味の状態では、肝臓はすぐ脂肪を消費します。従って、エネルギー源としてタンパク質、脂肪、炭水化物の量を20%、30%、50%とすれば、脂肪の蓄積が減ることが分かっています。

また、摂取する脂肪のうち飽和脂肪酸(動物性脂肪)の場合には蓄積すると酸化されて体に影響を与えることから、植物性脂肪酸や魚油をとることをお勧めします。

 

運動はエネルギー消費につながることから、肝臓細胞の脂肪を消費するために最適です。運動によって使用されるエネルギーの優先順位は肝細胞の脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、筋肉なので、上記の食事をとりながら、週に2時間弱(1日にならすと15分)の有酸素運動を行うことによって、肝臓細胞内の脂肪は消費できます。

 

それができれば苦労はない(´・ω・`)

ということで運動してお酒をやめて食事に気をつければ脂肪肝を改善できます!

 

って、それができるなら何の苦労もありません。という場合はやっぱりサプリメントに頼るしかありません(笑)

 

というわけで肝臓に良い成分を含んだサプリメントを紹介します。肝機能をアップする栄養素をたくさんとって健康診断の数値を改善しよう!

 

レバリズム-L

満足度97%というのは本当にすごい。多くの人が効果を体感できているってことですね。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

 

1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリンが豊富です。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材で生産されているのも安心です。

肝パワーEプラス

満足度95%!

紀州産南高梅、長野産ジャンボニンニク、広島産牡蠣を配合した栄養機能食品。

値段は少し高め。でも、それだけの価値があるから20年以上のロングセラー。しかもリピート率95%。

今なら15日間の全額返金保証がついているので安心して試せますね。

ステラ漢方株式会社。

牡蠣のチカラα

なんといっても亜鉛16mg!朝から元気になったという口コミがあるように元気になる期待ができます。

自然素材にこだわっていることもポイント!

 

 

 

脂肪肝の予防・進行防止が期待できる栄養素

健康診断で脂肪肝と診断を受けたときには、食事から炭水化物と脂肪の割合を減らし、適度な運動を行うことが大切です。
しかし、デスクワークで、食事も外食が多い場合にはなかなか実行することができません。そのために、脂肪肝の予防・進行防止が期待できる栄養素を紹介します。

お勧めは、カプサイシン、必須アミノ酸、食物繊維、乳酸菌です。

 

カプサイシン
脂肪の消費を増やすにはカプサイシン。ただし、カプサイシンを摂取するだけでは、脂肪がエネルギー源になるだけで、基礎代謝量や運動を行わないと、余ったエネルギー源を回収して脂肪を作り出し、細胞内に蓄積してしまいます。

 

同じ有酸素運動をしている場合には、カプサイシンをとった方が脂肪を効率的に消費するのも事実ですので、ストレッチをするだけでも構いません。基礎代謝を簡単に増やすのは呼吸を意識して行うことです。深呼吸を意識的に1時間に5分ぐらいするだけで基礎代謝量が上がります。

 

基礎代謝量とは人が生きていく中で、使ってしまうエネルギーのことです。心臓の鼓動や呼吸等は普段は意識せずに行っています。心臓の鼓動を意識的に変動することは不可能ですが、呼吸は意識的に深呼吸をすることで基礎代謝量を増やします。寒さに耐えることも体温を調節するために脂肪を燃焼して熱を出そうとします。これは脂肪組織に蓄えた脂肪を主に使いますが、脂肪細胞の脂肪が不足すると肝臓で蓄えている脂肪から補給が行われるので、結果として肝細胞の脂肪を減らすことができます。

 

必須アミノ酸
基礎代謝量を増加するには必須アミノ酸を含むサプリメントも有用です。必須アミノ酸は血管を拡張したり、ホルモン分泌を促進したり、筋肉になるなどの働きがあるので、結果として基礎代謝量を増加します。

食物繊維
食物繊維を含むサプリメントや機能性食品は炭水化物や脂肪の吸収を防ぐので、過食による脂肪肝の予防に役立ちます。よくあるのはサプリメントを飲んでいるから大食いしてもよいと考える人がいますが、これは大きな間違いです。普段の食事が過食気味の人がサプリメントによって過食分を減らすことが目的です。

乳酸菌
乳酸菌や乳酸菌を増やす成分(乳酸菌特有の餌)を持つサプリメントも脂肪肝の予防効果があるかもしれません。腸内細菌叢の悪玉菌が脂肪の吸収を促進している場合があるので、乳酸菌を腸内細菌叢で増やし、悪玉菌を減らすことができるので、効果が期待できます。乳酸菌や乳酸菌を増やす成分は止めると比較的早期に効果が消えてしまうことです。

 

アルコール性脂肪肝の原因、病態、予後

アルコール性脂肪肝は過剰の飲酒(1日平均エタノール60g以上)から脂肪肝になっているものを指します。アルコール性脂肪肝の場合にはアルコールを控えることによって脂肪肝は改善します。アルコール性脂肪肝の原因、病態、予後について説明します。

 

アルコール性脂肪肝の原因

長期にわたる(通常は5年以上)にわたる過剰の飲酒が原因となります。過剰の飲酒とは1日平均純エタノール60g以上の飲酒を指します。
ビールのアルコール含有量は5%ですので、1.2リットルになります。焼酎などは25%ですので、オンザロックで飲むと240cc、お湯割り半々で480cc、ウイスキ-は45%ですので、33ccとなります。意外と少ないと思ったあなたはアルコール性脂肪肝になっているかもしれません。

 

肝臓はアルコールをアセトアルデヒドに代謝してから、水と二酸化炭素にして、尿と呼気に放出します。アルコールは毒性物質ですが、アセトアルデヒドも毒性物質です。従って、肝臓は酵素を総動員してアルコールやアセトアルデヒドを分解します。1日であれば酵素を総動員しても翌日アルコールを飲まなければ肝臓は復活します。
しかし、アルコールを代謝するために酵素が総動員するのが続くと肝細胞に障害が起こってきます。γ-GTPは肝臓の総動員の状況を反映します。そのため、1週間ほど連続して大量のアルコールを摂取すると肝臓の機能を表すASTやALTが正常値でも、γ-GTPが上昇します。

女性の場合は男性に比べて、アルコールをアセトアルデヒドにする酵素活性が弱いことから、酵素の総動員が係ることが多く、1日平均40g以上でもアルコール性脂肪肝が発生することがあります。

 

アルコール性脂肪肝の病態

症状としては何も起こらない場合が多くなっています。健康診断でγ-GTPだけが上昇している場合には、脂肪肝予備群と考えて良いでしょう。休肝日を設けることでγ-GTPが低下します。お酒が好きな方はこの段階で休肝日を設けることが必要です。

ALTやASTも上昇し、特にASTがALTの2倍になっているような場合には、アルコール性脂肪肝が進行しておりアルコール性肝炎の一歩手前です。この場合には禁酒となります。
アルコール性脂肪肝の予後
アルコール性脂肪肝に留まっている場合には特にリスクは上がりません。
アルコール性肝炎を発症した場合にはリスクが上昇し、アルコール性肝硬変で吐血した場合には大腸がんと同じで5年後に生きている可能性は50%です。禁酒という治療を行わなければその可能性は更に低くなります。

 

アルコール中毒との関係

日本人の場合にはアルコール中毒になる可能性は欧米人に比べて低くなっています。それはアルコールをアルデヒドに分解する酵素が少ないからです。

しかしながら、嫌なことを忘れたい、気分が沈む、といった状態で飲酒をするとアルコール中毒になりやすくなります。アルコール中毒になると、精神科で治療を行わないと禁酒ができないことから、アルコール性脂肪肝からアルコール性肝炎やアルコール性肝硬変に移行します。日本においては肝移植が一般的ではないことから、治療法は対症療法しかなく、禁酒しない限り肝硬変の症状が出ると、大腸がんの末期のように、あと1年しか生きることができなくなります。

抑うつ傾向のあるときや、対人関係に問題がある場合に、お酒に逃げないことが大切です。

肝臓における中性脂肪の代謝

食品中の脂質は、胃で分解されて、脂肪酸、リン脂質、コレステロール等になり、小腸が吸収します。小腸は脂肪酸はトリグリセロールに合成し、リン脂質とコレステロールなどを巻き込んだミセルを作ります。ミセルとは外側は水に溶け、内側が油を溶かすことができる球体で、血液などの体液中に油性成分を運ぶための形です。
セッケンが油を溶かして、油汚れをとるのと似ています。

このミセルはリンパ管に移行して脂肪組織と肝臓に取り込まれます。脂肪組織ではトリグリセリドの形で脂肪を貯蔵します。

肝臓に移行したミセルは肝細胞内でトリグリセリドとリン脂質とコレステロールに分解します。肝臓は酢酸から合成したコレステロールと合わせて再びミセルを形成して血中に放出します。これをLDLと呼びます。LDLは各細胞にトリグリセリドとコレステロールを運び、運び終わったLDLは再び肝臓に戻って、HDLに変化します。HDLは各細胞から余ったコレステロールやトリグリセリドを回収します。

脂肪肝を改善するサプリメント

レバリズム-L

満足度97%というのは本当にすごい。多くの人が効果を体感できているってことですね。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

 

1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリンが豊富です。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材で生産されているのも安心です。

肝パワーEプラス

満足度95%!

紀州産南高梅、長野産ジャンボニンニク、広島産牡蠣を配合した栄養機能食品。

値段は少し高め。でも、それだけの価値があるから20年以上のロングセラー。しかもリピート率95%。

今なら15日間の全額返金保証がついているので安心して試せますね。

ステラ漢方株式会社。

牡蠣のチカラα

なんといっても亜鉛16mg!朝から元気になったという口コミがあるように元気になる期待ができます。

自然素材にこだわっていることもポイント!