脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

ALT(GPT)・AST(GOT)を下げるヒミツ!血液検査の数値にビビらない

更新日:

s-DSC_8621

定期検診の血液検査で基準を超えた数値が!まさか脂肪肝?

肝臓は、辛抱強くよく働く臓器です。そのためか、「ギブアップ」と中々言ってはくれません。気づいたときには、肝臓が最悪な状態になっている可能性もあります。

ALT、AST(古くはGPT、GOT)といった肝臓の数値を下げる方法について解説します。

ALT、ASTは肝臓のダメージを表す

・ALT(GPT)
・AST(GOT)
Y-GTP
ALP
・LDH

定期検診の血液検査結果データでよくみるこれらのアルファベット。血液中にある酵素の名前です。数字はその酵素が血液中にどれくらいあるのかということを表します。

この酵素は肝臓の中にたくさんあります。肝臓がより多くのダメージを受けると通常よりも多く血液に流れ出ます。数値が上がった分は肝臓が受けたダメージを意味します。

 

ALT(GPT)の数値が40以上は異常あり

ALT(GPT)は主に肝臓に多く含まれている酵素です。
血液検査の結果ALT(GPT)の数値が高いということは肝臓になんらかの異常が起きている証拠です。

正常値は10~40 IU/lです。

AST(GOT)の数値が40以上で要注意

AST(GOT)はALTと同じく肝臓に多く存在する酵素です。ALTとの違いは、肝臓以外の臓器や筋肉、赤血球などにも含まれている酵素です。

このためASTの数値だけが高い場合は肝臓が原因とは限りません

正常値は10~40 IU/lです。

ASTとALTの見方

AST(GOT)とALT(GST)は密接な関係があります。両方の値を同時にチェックする必要があります。

ASTとALTはどちらも主に肝臓が生命維持のためにアミノ酸を利用するときに使う酵素です。この酵素は細胞の中にあります。肝臓細胞がこわれると、この酵素が血中に出て、血中のAST(GOT)とALT(GST)濃度が高くなります。

 

脂肪肝の場合は、ALTがASTより高いことが多いです。

ASTとALTの数値の関係をまとめると次のようになります。

・AST < ALT

 慢性肝炎、脂肪肝

・AST >> ALT

 肝硬変、肝がん、心筋梗塞、うっ血性心不全、骨格筋障害、溶血性貧血

・AST、ALTどちらも高い

 急性肝炎

 

ALT・ASTを下げる方法

ALT・ASTを下げる方法は大きく分けて3つです。

・お酒、タバコをやめる

アルコールやタバコなどの毒物は肝臓で無害な成分に分解されます。肝臓に負担をかけるほど数値は上がっていきます。

肝臓の負担になることをしないというのは基本です。言うのは簡単ですね。

・薬を飲む

ウルソミラグレーンなどの肝臓機能の正常化を促す薬があります。それら薬を飲むことで数値が下がる可能性があります。

ただし、直接数値を下げるものではありません。肝臓の機能を改善することで結果的に数値が下がるかもしれないというものです。

効果も飲んでいる間だけの一時的なものになります。

・肝臓によい食事をとる

肝臓はタンパク質でできています。良質なタンパク質やミネラルなどをバランス良くとることが重要です。

普段の食事だけでタンパク質やミネラルを十分にとることは難しいかもしれません。

その場合は、肝臓に良い成分を凝縮したサプリメントがよいでしょう。添加物は肝臓に負担をかけてしまいます。天然原料で高品質なサプリメントをおすすめします。

 

 

ASTを下げる食事・食べ物

1.シジミ

astを下げる食品と言えば、真っ先に思い浮かべるのは、シジミだと思います。
シジミの成分であるオルニチンが肝臓の働きを助ける作用として、オルニチンサイクルというアミノ酸の代謝や、食べ物の分解・消化、激しい運動をした後に発生する有害物質のアンモニアを解毒し無害化(尿素に変換)する代謝回路が働き、アンモニアが尿素に変わるとオルニチンが再生されて回路に戻ります。

またオルニチンは成長ホルモンの分泌促進を高める成分でもあり、成長ホルモンは基礎代謝アップに必須な成分で、メタボリックシンドロームや脂肪肝で悩まれている方は積極的に摂取をお勧めしたい成分ですので、オルニチンが含まれているシジミを摂取すれば、肝臓の機能回復にも効果が出ますから、astを下げたい場合にはシジミを一番にお勧めしたいと思います。

2.牡蠣

シジミと並んで、肝臓の健康のために良く、それに加えて、高い栄養素を備えた牡蠣もastを下げる効果を持っています。
牡蠣には、タウリンと亜鉛が含まれており、タウリンは脂肪肝の原因となる中性脂肪を対外へ排出してくれる効果と、コレステロールを排出してくれる働きを備えているので、肝臓数値以外のLDL(悪玉コレステロール)などが気になる方にもお勧めの成分です。

亜鉛は傷ついた肝臓が自己修復するときにサポートする成分で、アルコールを分解したときに生まれるアセトアルデヒドや、ストレスによって発生する活性酸素によって肝臓は細胞単位でダメージを負います。肝臓は元に戻ろうとするのですが、亜鉛が不足するとスムーズに再生することができませんので、お酒を飲む方は積極的に摂取をお勧めしたい成分です。

 

肝臓数値ALTとASTを下げるためにやるべきこと

☆牛レバーをとる

肝臓のALTとASTが高い方は牛レバーをたくさんとるといいでしょう。ゴスペール・レバー, プロヘパール, レナルチン, レバラミンといった牛レバーから抽出した成分で医薬品がでています。製薬会社が医薬品でだしているくらいですから臨床でも効果をあげているのです。実際にその医薬品を、毎日服薬してALTとASTが下がったという人はいます。

☆酒量を減らす

適度なお酒はいいと思いますが、お酒の飲み過ぎは肝臓をいっぺんに悪くします。ALTとASTも確実に上がっていくと思います。飲みすぎると肝硬変から肝がんへと進んで命を縮めることになりますので、お酒はほどほどにした方が賢明です。どうしてもお酒が好きな人は1週間に1度お酒を飲まない日をつくることをお勧めします。

☆タバコは大敵

タバコは色々な害がありますが、あまり肝臓に悪いとは皆さん知らないみたいです。タバコを吸うことによって眠れる臓器肝臓は悲鳴をあげているのです。今からでも肝臓もそうですが、健康に長生きしたければタバコは控えるべきだと思います。副流煙も今問題になっています。タバコを吸う人にあまり近づかないようにすべきです。実際に吸っている人よりも副流煙の方が身体に悪いとのデータも出ているほどです。

AST(GOT)とALT(GST)が高い原因と上昇する仕組み

肝臓細胞のなかに、脂肪をため込んだ細胞が増えている状態を指します。細胞は脂肪により膨らみますので、肝臓全体も腫れたような状態になります。そのまま放置していくと肝炎から肝硬変に進むリスクが増えます。肝炎は肝細胞の脂肪が過酸化脂質となり、炎症を引き起こすことです。炎症が起こるとその炎症を抑えるために様々な体の防御機構が働きます。

その時に過酸化脂質を持つ細胞は破壊を受けることがあります。そうするとAST(GOT)とALT(GST)の値がさらに上昇します。

肝臓は再生能力が高いため少々細胞がなくなっても大丈夫です。しかし、細胞に脂肪がたまって肝臓細胞としての機能が落ちると、その部分に細胞がかけていると勘違いして、星状細胞という細胞が活性化して、線維化細胞が増えます。これは歯が欠けたと部分に歯医者さんが詰め物をするようなものです。虫歯菌が詰め物を溶かすことはありませんが、歯の表面が傷ついても詰め物は歯としての機能はないので自然には修復することができません。線維化細胞はその詰め物に似ています。

脂肪肝の原因はアルコール摂取と脂肪の過剰摂取です。

脂肪肝の原因を取り除けば肝臓は再生能力が高いので、自然に治癒します。

 Y-GTPの数値が100以上は脂肪肝

γGTPは解毒作用に必要な酵素です。
肝臓・膵臓・脾臓・小腸に含まれています。

とくに、アルコールに反応します。

アルコール性肝障害を判断するときに大切になる数値です。
この他にも、胆石、胆道に障害が起こっている場合数値があがります。

高いγGTPを下げる方法!100超から20にガンマGTPを下げた秘密はアミノ酸

この検査結果を見ての通り数年前はγGTPも中性脂肪も高かった!完全なる脂肪肝。それもそのはず、毎日缶ビールをロングで2本は飲んでたし塩味の濃いツマミもパクパク食べてた。そんな生活を10年以上やってたら ...

続きを見る

Y-GTPの正常数値・基準値

男性→50以下

女性→32以下

Y-GTPが100に近い、あるいは以下の場合は、少し心配ですね。しかし大丈夫です。肝臓は、再生能力も大変高い臓器です。禁酒をすることで、すぐに正常値に戻ることができます。

しかし、100以上になると脂肪肝が進んでいる可能性もあるので注意が必要です。

ALP(アルカリフォスファターゼ)-数値が400以上で精密検査

身体の殆どの臓器と骨に含まれている酵素です。
胆汁に関係する数値です。胆汁が流れなくなって血液中に増えてしまい数値があがります。

この酵素は、臓器や骨にに含まれているので、この数値だけみては判断しません。
ALT(GPT)・AST(GOT)・Y-GTPと一緒に高い場合、肝臓の病気を疑います。

ALPの正常値の数値は?

354以下

400以上になると、胆石や胆がんの可能性があるので、検査入院になります。

ALPを下げる方法

ALPを下げる方法は食事?薬?

沈黙の臓器とも言われる肝臓は、気が付かないままに様々な負担を受け、気づいたときにはすでに手遅れということにもなりやすい臓器です。 ALPは肝臓の変化を見分ける数値です。ALPが高いとどんな問題があるの ...

続きを見る

LDHの数値

LDHは糖分をエネルギーにかえるときに必要な酵素の一種です。アミノ酸を生成します。
肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに多く含まれています。

LDHの数値が高くなると、急性肝炎・肝臓がん・心筋梗塞・肝硬変・腎不全など
さまざまな病気が考えられます。

〇LDHの正常な数値は?
180~370

LDHは5つに分けられます。
肝臓の場合はLDH5です。

LDHが高い場合は、いろいろな病気の疑いがあります。早急に治療をすることになります。

AST(GOT)とALT(GST)とγ-GTPの3つに注目

血液検査の数値はいろいろあってわかりづらいです。いきなり全部理解しようとすると頭がくらくらするのでまずはAST、ALT、γ-GTPの3つをおさえましょう。

簡単に言うと3つとも肝臓の細胞にある酵素がどれだけ血液中に溶け出しているか?という値です。

この酵素が流れ出る時は肝細胞が破壊された時です。数値が高いほど肝臓がダメージを受けているということですので低いほうがいいということなります。ダメージを受ける理由は、もちろん様々ですが暴飲暴食やアルコールの飲み過ぎなどの場合が多いです。

肝臓は自分自身を壊しながら、アルコールや脂肪を分解しているのです。

γ-GTPの意味

γ-GTP(γ-GT)は胆道系の酵素の血中濃度です。簡単にいうとアルコールをたくさん飲んでいるかどうかがわかる数値です。毎日飲んでいる人の半分ほどはこの数値が高いです。また、アルコール性肝障害がある人は間違いなくこの数値が高いです。

γ-GTPが高い = 飲んべえ

ということですね。

このサプリを飲み始めてγgtpが下がって脂肪肝が改善されました。

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

 

 

 

脂肪肝の診断

脂肪肝は症状が出ない病気なので、血液生化学検査のAST(GOT)、ALT(GPT)の上昇で判断します。両検査値の上昇が6か月以上続いた場合に、脂肪肝を疑います。

AST(GOT)とALT(GPT)が基準上限を少し超えた程度では問題ありません。目安としてはAST(GOT)で120 IU/l以上、ALT(GPT)で105 IU/l以上なら脂肪肝を疑いましょう。アルコールを毎日飲んでいる、脂質異常症(血中トリグリセリド増加)の有無、糖尿病の有無によって、期間は変わりますが、一般的には6か月以上高値が続いた場合には脂肪肝を疑って、肝臓に針を刺して細胞を取り、状態を顕微鏡で観察します。

これは肝臓に針を刺し、細胞を取り出すことから、なるべくなら避けたい検査です。

ASTで120 IU/l、ALTで105 IU/lの値が出たときには、アルコール摂取している人は、禁酒日を作りましょう。お酒を飲んでいない人は、食事中の脂肪摂取量を減らすか、軽い運動をすることがお勧めです。

脂肪肝を放置しておくと肝炎から肝硬変になる

アルコール性脂肪肝の場合には早期にアルコール性肝炎に移行して疲労感や倦怠感、右上腹部の痛み、ALT、ASTも2000位まで上昇、意識を失うなどの症状が出ます。肝炎の症状が軽かった場合に放置しておくと肝硬変となります。

その結果肝臓の機能が低下し、AST、ALTが正常値に戻ってきます。これは病気が治癒に向かっているわけではありません。正常な肝細胞がへり、結果として正常肝細胞がつぶれたときに血中に出てくるAST(GOT)やALT(GPT)が少なくなったことによります。肝臓がAST(GOT)やALT(GPT)を出す余裕がなくなっていることを示しています。

非アルコール性脂肪肝は、肝炎の状態を経ずに線維化が進み、症状が出たときには肝硬変になっている場合がまれにあります。これは正常生活を普通に送っている人が突然、黄疸や肝性脳炎起こし、2週間程度で死亡してしまいます。

健康診断でAST(GOT)で120 IU/l、ALT(GTP)で105 IU/lすぐに病院で再検査を行うことをお勧めします。アルコールを飲んでいない、あるいは少量しか飲んでいなくてγ―GTPが正常だから問題がないと放っておくと、10年後には非アルコール性肝硬変により致死的な状態に陥る可能性を高めています。

ASTの単位と読み方

国際単位のIU/L(International Unit per リットル)を用いていましたが、最近(2012年4月2日から)ではU/L(Unit per リットル)となっています。日本臨床検査医学会による標準化なため、基本的には国内での使用となると思われます。

まだIU/Lを見かけることが多いですが、徐々にU/Lに変わっていくでしょう。

変更の理由は簡単に言うと前提条件の不足で結果がぶれてしまうのを防ぐためにJSCCが厳密にしたということですね。

国内の設備ではJSCCに準拠しているものが多いため問題ないよという。

 

ちなみに、1U(ユニット)の定義はこちら。

「至適条件下で、試料1L 中に、温度 30℃で1分間に1μmol の基質を変化させるこ
とができる酵素量を1単位とする」

参考:日本臨床検査医学会 標準化委員会

ASTが50、100、200それぞれの危険性や症状

・AST50の危険性

ASTが50を超えている場合は慢性肝炎や脂肪肝、肝硬変といった異常が疑われます。
慢性肝炎とは肝硬変の手前のステージで、放置しておくと悪化していく危険性がありますが、
一般的に自覚症状がほとんどないということに恐ろしさがあります。
脂肪肝は脂肪が溜まって肝臓の働きが悪くなります。
肝硬変は慢性肝臓疾患を長期に渡って進行させた場合に訪れる状態で
肝臓機能が正常に機能しなくなる状態で黄疸や腹水、肝性脳症といった色々な症状が現れます。

・AST100を超えるとウイルス性肝炎の疑い

ウイルス性肝炎の急性期の場合は100を超える数値が現れます。
100以上では慢性肝炎、急性肝炎といった異常の可能性があります。
急性肝炎は風邪に似た症状で発熱や頭痛、からだのだるさが訪れるため
風邪と間違えて気づかないという危険性があります。
急性肝炎は自然に治癒しやすいため、症状を悪化させず回復させるためには
身体に過度な負担をかけないことが重要です。

・200を超える数値には命に関わる可能性も

数値が上がるにつれて危険性は高まり、心筋梗塞やアルコール性肝炎の疑いが高まります。
心筋梗塞は心臓部分で血液の流れが止まってしまい、必要な血液を得られない箇所の細胞が
失われます。これにより1分1秒を争う非常に危険な状態となります。

ASTは11~40が正常値とされ、50を超える数値が出た場合は
速やかに病院にて診断・治療を受けるようにしましょう。

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝の数値を下げる

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 All Rights Reserved.