脂肪肝の改善に効果のある運動とその方法

投稿日:

肝臓は、無口で黙々と働く臓器です。身体の代謝や貯蔵、解毒・胆汁の生成などさまざまな働きをしています。

しかし、食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ、運動不足などで中性脂肪が肝細胞に蓄積して「脂肪肝」になる可能性もあります。

「脂肪肝」になると、厄介なことに自覚症状がないので、気がついたときには脂肪性肝炎(NASH)から肝硬変になり、肝がんへと進行することがありとても危険です。

そこで、脂肪肝を改善するには食事療法や運動療法が効果があると言われています。

今回は、脂肪肝の改善に効果のある運動とその方法をご紹介しようと思います。

 

 

脂肪肝の方に効果的な運動

〇有酸素運動が効果的!そのポイントは何でしょう?

・少し早めのウォーキングやスイミング・サイクリングなど
・じんわりと汗をかき、続けられる運動
・心拍数が50代は125くらい、60代は120くらいの運動量にする
・一日1万歩を目指す(早足で歩いたり、ゆっくり歩いたりを繰り返す)
・一日20分以上、または週に3日くらいの運動が効果的

〇有酸素運動と組み合わせると効果的なことって何?

・筋肉をつける
筋肉をつけて有酸素運動をすると、痩せやすい身体になります。
基礎代謝をあげて脂肪燃焼させることが大切です。

・スクワット・片足立ち
スクワットや片足立ちをして筋肉をつけましょう。筋肉をつけることで脂肪が燃焼しやすくなります。

・ストレッチをする
有酸素運動をする前にストレッチをすることで怪我の予防に繋がったり筋肉痛を無くすことができます。

脂肪肝の方が運動をするときの注意点って何?

〇運動するときの注意点

・息が切れるほどの強い運動量は、肝臓に負担がかかるのでやめましょう。
また、短期間で汗びっしょりになるような強い運動は、脂肪は殆ど燃焼しないので、脂肪肝の改善には適していません。

・脂肪肝の方で、糖尿病や高血圧などの合併症がある方は、自己判断せずに主治医と相談しながら運動量を決めるようにしてください。

まとめ

筋肉をつけて有酸素運動を毎日続けることで、脂肪が燃焼され脂肪肝は改善されていきます。
毎日続けることが大切なので、自分に合った運動を選びましょう。

また、糖尿病や高血圧などの合併症がある方は、主治医と相談しながら運動量を決めることが大切です。

脂肪肝は、最悪肝臓がんへ進行する可能性がありとても危険です。
そのため、運動療法を取り入れることが大切です。

運動療法を参考にして、脂肪肝を改善させましょう。

以上、脂肪肝の方に効果的な運動をご紹介しました。

 

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

実際に飲み始めてから100以上あったγGTPが20まで下がりました。

 

-脂肪肝改善する方法

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.