脂肪肝の治療に使われる薬はウルソ!その効果と注意点

更新日:

脂肪肝の治療をするとき、使用される薬にはどんなものがあるでしょう?
また、その薬の効果や副作用も気になりますね。

ウルソは、脂肪肝に効果が期待されていますが、実際効果があるのでしょうか?
医師によっては、脂肪肝には効果がないと言う人もいます。

そこで今回は、脂肪肝の治療に使われている薬についてご説明しようと思います。

脂肪肝・一番有効な治療法は薬ではない

初期の脂肪肝の治療方法は、食事療法と運動療法が一番だと言われています。

初期の場合はこの二つをバランスよく組み合わせることで脂肪肝を改善することができます。

脂肪肝だと言われて、ウルソを服用しているから安心だというわけではありません。
食事療法と運動療法をバランスよく行いながら、ウルソを服用すると、より効果が出ると思っていたほうがいいです。

ウルソを服用することは胆汁の流れを改善するので肝臓にはとてもいいお薬です。

ウルソの秘密(佐藤製薬サイト)

脂肪肝・ウルソの働き効果

ウルソは肝臓を守る為に作られた薬ですが、中でも胆汁の流れを改善し、胆石を溶かし、その結果として肝臓の機能改善に効果があります。その為、直接的に脂肪肝の改善に効果を発揮する薬ではありません。

ウルソの主な改善は、特に胆嚢から分泌される胆汁の流れを改善したり、胆嚢や胆管に出来た胆石を溶かしたりする効果のある薬です。その為、胆汁の濃度が濃くなる夕食後や夜寝る前に飲む事が効果があると考えられます。

胆石を溶かしてくれた結果として、肝臓の機能を改善する事に繋がる物で、現在の所は直接的に脂肪肝を直してくれる物ではありません。

服用に関しては専門の医師の指示に従わなければなりませんが、胆汁の流れを改善すると共に、胆石を溶かしてくれる効果がありますので、飲み続ける事が重要で、胆石を溶かし切るまでには半年から1年は最低でも掛かります。

更に胆石などから併発した慢性肝炎等の症状改善には更に期間を要しますので、長期的な服用が必要になります。ウルソは元々は動物の胆嚢から作られた漢方薬の考え方を伝承されたおりますので、長期的な服用でも安心できる物と考えますが、一部の患者さんではその副作用も指摘されているようです。特に持病をお持ちの方は必ず医師と相談の上、服用をする様お願い致します。

ウルソの副作用

ウルソは肝機能を助ける薬で飲むと肝機能が低下した時に回復させてくれます。肝臓はアルコールを分解する臓器でもあるのでお酒を飲んだ時は負担がかかってしまいます。またウイルスによって肝臓が障害を受けてしまうと肝機能が低下してしまうのでそんな時にウルソを飲むと肝機能が回復して健康な状態を保ち続ける事が出来るようになります。肝機能が低下している時は全身の倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が出るのでそんな時にウルソを飲んで弱っている肝臓をケアしてあげましょう。

ウルソは適量を飲む場合は特に問題はありませんが、過剰摂取してしまうと副作用が出てしまう事があります。ウルソを過剰摂取した時に出る副作用はまず下痢が挙げられます。腹痛が出てから下痢の症状が出るので腹痛を感じた時は注意しましょう。

次にアレルギー症状が出てしまう事もあります。体質によって症状は異なりますが、特にアレルギー体質で肌が弱い人は痒みだけではなく湿疹が出てしまう事があります。ウルソを飲んだ後に痒みが出たら副作用の可能性があるので注意しましょう。

ウルソは肝機能を回復させる効果がありますが、人によっては副作用が出る可能性があるので注意しながら飲むようにしていきましょう。

ウルソの効果的な飲み方

ウルソの効果的な飲み方のひとつして、飲酒前に飲むことが挙げられます。二日酔いの原因となるアセドアルデヒドは胆汁の分泌量が不足することで身体中を巡ってしまい、二日酔いという症状を引き起こしてしまいます。お酒を飲む前に胆汁酸の1つであるウルソを飲むことで胆汁の分泌を促してくれる利胆効果と呼ばれる作用がおき二日酔いを防ぐサポートをしてくれます。

また、ウルソは肝機能の改善において絶大な効力を発揮するようです。最近ではC型肝炎患者の治療薬としても使われていて万能薬とも呼ばれています。

そして、悩んでいる内容によって摂取するウルソのタイプを分別すると良いそうです。例えば、食べ過ぎによる胃もたれや消化不良が原因でお腹が張ってしまったなどの悩みには消化液の分泌を促進してくれるウルソ胃腸薬を飲むのが良いとされています。

それとは別に食欲の低下が懸念されていることや飲み過ぎによる胃腸障害や疲れが取れず悩んでいる場合はウルソを配合した滋養強壮剤で肝機能の働きを促すと、肌荒れが気になったり吹き出物やにきびが出やすくなったことで悩みを抱えている場合は皮膚や粘膜の健康に必要なウルソを配合したビタミン剤を摂取することが良いそうです。

ウルソの効果がでるまでの期間

肝臓の薬であるウルソの効果を実感するためには、半年から一年は飲み続ける必要があります。ウルソは長期服用が必要なになる理由として、比較的に小さな胆石の場合でも溶けるのに半年から一年の期間が必要とされているからです。体調が良くなったからと自己判断をせずに、服用は医師や薬剤師の指示に従いましょう。

ウルソには幹細胞の保護の他に利胆作用がありますので、肝臓の働きを良くしてくれる効果があります。胃腸や肝臓が弱っていますと体調を悪化させてしまう危険性がありますので、早めに対処することが重要です。

ウルソは肝臓を守るために最適な薬ですが、その他にも食生活に気をつける必要があります。バランスの良い食生活を心がけ、肝臓に負担をかけるアルコールを控えるようにしましょう。ウルソは古くから利用されている胆汁酸製剤ですが対処療法であるため、薬を摂取すると共に普段の生活習慣を見直す必要があります。

ウルソは漢方由来の成分ですので、副作用が少なく安心して飲める薬です。肝臓病に対して効果的なウルソですが、副作用がでる場合もありますので飲む際には注意が必要です。下痢や胃に不快感などの症状がでましたら、すぐに担当の医師に相談をしましょう。

ウルソを服用できない人はいるの?

ウルソを服用できない人

・完全胆道閉塞
・激症肝炎

以上の方は服用することができません。

薬の飲み合わせがあるので、必ず服用しているお薬は医師に伝えましょう。

脂肪肝・ウルソの他に薬はあるの?

〇ネオレバルミン錠

・市販の薬です。脂肪肝に効果ありと言う人もいますが、実際は肝臓に疾患のある方に効果がある薬です。

ネオレバルミン錠(原沢製薬)

〇漢方薬

・漢方の場合は、体質改善が目的です。脂肪がつきにくい身体に改善していくことを考えます。

脂肪肝に使用される漢方とは?

・防風通聖散
・大柴胡湯
・桃核承気湯
などが主な漢方薬です。

漢方薬は体質を改善する薬です。脂肪肝が心配な方は一度、漢方専門の薬局に相談するのもいいですね。

日本に脂肪肝の薬がない理由

楽に脂肪肝を改善する方法はないけども

初期の脂肪肝の場合、食事療法と運動療法を行うことで改善されます。
脂肪肝に直接効果がある薬は、いまのところありません。

ウルソは肝臓の働きを改善させてくれる薬です。
ウルソを服用しているから、脂肪肝は大丈夫と思うのは間違いです。

ウルソを服用する場合は、食事療法。運動療法をバランスよく行うことが大切です。

市販のネオレバルミンと言う薬も脂肪肝に効果があると言われていますが、この薬も肝臓疾患の方に有効な薬です。

いずれにせよ脂肪肝は薬でカンタンに治せるものではありません。

ただし、弱った肝臓の働きを強くして少しずつ改善してことならできそうです。運動も食事制限もほとんどできないけど定期検診の結果がよくなったサプリならあります。

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

実際に飲み始めてから100以上あったγGTPが20まで下がりました。

 

 

二日酔いとアルコールにウルソは効果あるのか

二日酔いにウルソがよく効くと最近、注目されています。二日酔いの原因はアセトアルデヒドで、毒性の物質になります。お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解し、発生するのがアセトアルデヒドです。

肝臓は代謝するためにエネルギーを使います。代謝しきれないアセトアルデヒドが体内に残ると二日酔いの原因となります。頭痛、吐き気、だるさ等、二日酔いの症状はエネルギー不足からおきます。

辛いときは安静が一番、ですがなる前に予防できたら?そこでウルソが登場します。
お酒を飲む前にウルソを飲んでおくと肝機能を高め、お酒が残りにくくなる。
ウルソはウルソデオキシコール酸と言います。

胆汁の流れをよくし、肝臓を守り、肝機能改善という作用があります。
二日酔いを防ぐのに重要なのが水分補給です。
お酒を飲むと喉が渇いたり、トイレが近くなります。
脱水状態になると血液は濃くなり、アセトアルデヒドが高くなります。

そうなると代謝機能が低下、二日酔いになりやすくなります。
水を飲むのは大事なことです。

空腹の状態で飲まない事も関係があります。
高たんぱく質の食材を一緒に取ります。
チーズや豆類に含まれるたんぱく質は肝臓を活性化させる効果があります。
ウルソ配合の市販薬を上手に使い、辛い二日酔いとサヨナラしましょう。

胆石にも使われるウルソ効果

ウルソは、肝臓疾患に使用される薬ですが、胆石治療にも効果が認められるため、胆石患者さんに処方されることも多くあります。
ウルソの主成分であるウルソデオキシコール酸は、もともと肝臓のお薬ですので、胆汁を流れやすくし、肝細胞を保護、肝機能を改善してくれるため、消化不良に効果を発揮します。

胆石は、ほとんどの場合、胆汁が固まってしまい、石化することでできるのですが、コレステロールが高いことが原因で、胆石が出来てしまうことが多くあります。
ウルソは、このコレステロール系の胆石を溶かすのに、効果があるのです。
ただし、胆石の表面が石灰化してしまっている場合や、コレステロール系の胆石以外の場合は、効果が認められません。

胆石の場合、まだ固まり切っていない泥状の状態で発見されることもありますが、この場合も、ウルソで症状を改善することが可能です。
コレステロール系胆石の改善のために服用する場合は、1日につき600mgを、朝昼晩の三回に分けて服用します。

薬だけで治療する場合は、最低でも、半年から2年程度は飲み続ける必要があります。
また、エコー検査で胆石が解け切ったように見えても、食生活等が変わらなければ、再発する可能性は非常に高いので、ウルソは高齢で手術できない患者さんに、あくまで対症的処方されることが多いようです。
同じ成分の薬に、スパカールがあり、ジェネリック薬品も存在することを追記しておきます。

犬にも使われるウルソの効果

ウルソは肝臓病を患っている犬にも使われているようです。ですが、犬は薬に関してデリケートで効き目はそれぞれなので確実とは言い難いといえばその通りです。

人の場合はウルソを通常600mlほど摂取するのに比べて、犬は体重をもとに摂取量を定めますが基本的には人間の摂取量より多く摂取します。安全性はとても高いからこそ多量摂取が行えます。実際にウルソを摂取した犬たちが副作用を訴えるケースはほぼ皆無に近いということが実証されています。

ですが、ウルソは「あまり効かない薬」とも言われています。ウルソは実際にはあまり価値のない薬とも言われていてとりあえずウルソを使っておこうという医師の見解も含めてウルソが使われているのです。

また、味の点でも決して美味しいわけではなく効力も確実ではないのでかえってストレスを溜め込んでしまい、薬のコスト含め全てが損で終わってしまう可能性も多く考えられます。ウルソを使った犬の飼い主の方も「服用したが大した変化を感じることはできなかった」と言っており、プラス要素がない場合は1ヶ月程度様子をみて中止するのが良いようです。そして、犬がストレスを溜め込まず継続して服用することのできる薬を改めて探すことをオススメします。

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

実際に飲み始めてから100以上あったγGTPが20まで下がりました。

 

-脂肪肝改善する方法

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.