タウリンの脂肪肝の治療に効果とリスク!サプリメントで補給がおすすめ

更新日:

「ファイトー一発!」の栄養ドリンク”リポビタンD”のコマーシャルでおなじみの「タウリン」。タウリン1000mg配合は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

タウリンを含む魚介類は、肝臓に良いとされています。魚介類を食べることで、血液中のコレステロール値を下げる効果があります。

また、タウリンにはアルコールを分解する酵素の働きを助ける働きもあるので、アルコール分解を早めるため、肝臓の負担を軽くしてくれます。

そこで今回は、タウリンが脂肪肝に効果があるのかをご紹介しようと思います。

タウリンとは

タウリンは、含有アミノ酸で人間の身体の中にも多く含まれています。心筋・骨格筋・脳・脾臓・骨髄に含まれています。肝臓の働きを助けて、肝臓の負担を軽くしてくれる人間にとって大切な成分です。

肝臓に対するタウリンの主な働きと効果

・胆汁酸をつくるとき必要な酵素の助けをする
・アルコールを分解する酵素の働きを助ける

以上の働きから、肝臓の負担が軽くなります

肝臓は、身体を維持するためにせっせと働きますが、暴飲暴食をするとキャパオーバーになってしまい脂肪肝になってしまいます。そのため、肝臓に脂肪をこれ以上ためなにためにもタウリンを摂取することは大切ですね。

タウリンは脂肪肝の治療に効果がある?

〇タウリンは、脂肪肝を治療するものではなく、脂肪肝の悪化を防ぐためのもの

タウリンの働きは前述した通り、胆汁酸をつくるときに必要な酵素の助けをしたり、アルコールを分解する酵素の働きを助ける働きがあります。
つまり、脂肪肝を治療するものではなく、これ以上脂肪肝を悪くさせないために摂取したほうがいい成分です。

何故なら脂肪肝を改善する方法は以下の二つしかありません。

1:食事療法
2:運動療法

初期の脂肪肝は、食事療法と運動療法をバランスよく上手に取り入れて行うことで改善されていきます。脂肪肝だけど、タウリンを摂取しているから暴飲暴食をしても大丈夫なわけではありません。

脂肪肝を悪化させないタウリンのとり方

タウリンは水溶性なので、摂りすぎても尿として排出されます。
しかし、注意点があります。

・栄養ドリンクは必要以上に飲まない
・貝類に多く含まれているけれど食べ過ぎには注意する

以上のことを注意しましょう。

タウリン入りの栄養ドリンクの中には、沢山の砂糖が入っています。そのため、カロリーオーバーになる場合があります。1日1本と言うメーカーのセリフは、このために言われていると思っておいたほうがいいですね。

タウリンは貝類に多く含まれています。とくに牡蠣の中に多く含まれています。
しかし、牡蠣を食べるときには注意が必要です。

牡蠣を生で食べる場合、ノロウイルス感染症になる可能性があります。必ず、85℃以上の熱で90秒以上加熱してから食べるようにしましょう。

タウリンを多く含む牡蠣のサプリ

タウリンを取りすぎるとどうなる?副作用は

タウリンは血液中の中性脂肪やコレステロールを少なくする作用があるので動脈硬化など血管系の病気を予防する事が出来ます。また脂肪肝になるのを防いでくれるので肝機能を向上させる効果も期待出来ます。健康面で大きな効果が期待出来るタウリンですが、摂取し過ぎてしまうと副作用が出てしまう可能性があるので注意しなければいけません。そこでタウリンを摂取し過ぎると出てしまう可能性のある副作用をいくつか挙げていく事にしましょう。

・低血圧の症状が出る可能性がある

タウリンは血圧を下げる効果があるので摂取し過ぎると低血圧の症状が出てしまう可能性があります。血圧が高めの人なら問題ありませんが、血圧が低めの人がタウリンを摂取し過ぎると低血圧の症状が出てしまう可能性が高くなります。めまいや貧血など低血圧の症状が出たらタウリンを摂取するのを控えて様子を見るようにしましょう。

・胃が荒れる可能性がある

タウリンは胃酸を分泌させる作用があるので摂取し過ぎてしまうと胃が荒れる可能性があります。胃が荒れてしまうと胃潰瘍になってしまう可能性もあるので注意が必要です。胃に痛みや違和感を感じたら副作用の可能性が高いのでタウリンを摂取するのを控えて様子を見るようにしましょう。

タウリンが薬として使われている病気

・うっ血性心不全
・高ビリルビン血症での肝機能改善

タウリンが医薬品として用いられているのは以上の病気のみになります。

ただ、タウリンを多く含む食材を食べることで、肝臓機能の改善、疲労回復などには効果があるので食べ続けたいですね。

タウリンの摂取量の目標値と上限値

タウリンは、牡蛎やハマグリ、イカ、タコ、ホタテ、ホッキガイなどの魚介類に多く含まれており、普段の食事から1日に100~300mg程度が摂取されているといわれています。
タウリンは必須の栄養成分ではないため、 1日の推奨摂取量はもうけられていない営養成分になります。

その中でタウリンの1日の目標摂取量は500mgがちょうどいいと言われています。また、疲労回復や肝臓へのタウリンの効果を期待するのであれば1日3000mg~4000mgのタウリンを摂取するといいといわれています。

タウリンはアミノ酸の一種になっているので、1日に必要以上たくさん摂取してしまっても副作用はなにもなく、そのまま尿や汗として体外に排泄されます。

逆に、余分なタウリンは尿や汗として体外に排泄されてしまうので、いっぺんにタウリンをたくさん摂取したからといって体に現れる効果が急激に高まるといったこともありません。

1日にたくさん摂取しても汗や尿として体外に排出されますが、タウリンは医療用医薬品としても処方されることがあり、 その場合は1日摂取量上限は3000mgとなっています。この摂取量は副作用を起こさない上限とすることが多くなっています。

タウリンを多く含む食品・食材

タウリンは普段の食生活の中で、100~300mg程度摂取できていますが、推奨されている摂取量は500mgと言われています。肉類にも含まれていますが、牛肉・豚肉・鶏肉をそれぞれ100g食べたとしても、そこに含まれるタウリンは0.06~3.6mgと微々たるものでしかありません。それに比べ魚介類にはタウリンが豊富に含まれています。

例えば100g食べた時、牡蠣には1,130㎎、ハマグリ1,080㎎、タコ830㎎、イカ770㎎程度のタウリンが含まれています。もう少し分かりやすく言いますと、牡蠣なら3個、エビ3尾・ホタテ3個と言った具合です。それくらいなら一食でも十分食べられる量ですが、タウリンは調理した時水に溶けだす性質がありますので、スープなどのにした場合はスープも残さず飲む必要があります。

塩分の取りすぎにならないようになどと考えると、毎日続けて必要量を摂取できるかとなると、なかなか難しいと言えそうです。そこで手軽に補給できるものとして、ドリンク剤を思いうかべる方も多いでしょうが、ドリンク剤にはカフェインや糖分が多く含まれますので、毎日飲むには弊害もあるようです。一番手軽で簡単に補給するなら、天然のタウリンを配合したサプリメントが良いのではないでしょうか。

タウリンが入っている飲み物

タウリンが多く含まれる具材を使ったスープがあります。
タウリンは魚介類や貝に多く含まれていますが、水に溶けやすい性質を持っています。
スープや鍋の煮汁には素材の半分以上のタウリンが溶け出しているともいわれています。
タウリンをとり入れたい時は時は具材とスープを両方食べるようにしましょう。
しかし、タウリンの数割は加熱すると効果がなくなってしまいます。

手軽に量を摂るなら栄養ドリンクをおすすめします。
成分に「タウリン○○mg」などのタウリンの表示があるものを選びましょう。
栄養ドリンクに含まれるタウリンの最大量は1本あたり3000mgです。
普段は1000mgのものを、疲れがたまっているときは3000mgのものを・・・というように
飲みたいときの体調に応じて飲んでください。

ただし、飲みすぎには注意してください。
栄養ドリンクにはタウリン以外に砂糖やカフェインが配合されているものが多くあります。
砂糖は脳の栄養になるため元気が出ますが、飲みすぎは砂糖の摂りすぎになります。
毎日何本も飲んでいると糖尿病になってしまう恐れもあります。
カフェインは脳を覚醒させる作用がありますが、こちらも飲みすぎると中毒症状を起こす恐れがあります。

栄養ドリンクはタウリンが入っている手軽な飲み物ですが、頼りすぎないように気を付けましょう。

脂肪肝にタウリンが効く!栄養ドリンクだけじゃない牡蠣にも入ってる

栄養ドリンクに含まれているとしてるとして有名なタウリン。そのタウリンが、現在、脂肪肝へ効果あると注目されていると知っていましたか?タウリンが脂肪肝に一体どのような効果をもたらすのか?説明したいと思います。

まず、タウリンとはアミノ酸の一種で、目、肝臓、心臓など、体の大事な臓器を作るのに必要な成分です。そんな大事な成分ですが、体内で作られる生成量は少ないので外から摂取しなければいけません。

タウリンが含まれた食品は、イカ、たこなど主に魚介の食品に含まれています。このタウリンが、現代病ともいえる脂肪肝に大変効果があると言われているのです。その理由は、タウリンが「肝臓に溜まった中性脂肪を排出」してくれる効果があるからです。

肝臓に中性脂肪がついて肥満になる事が脂肪肝ですが、この脂肪自体を取り除いてくれるので、脂肪肝に効果があると言われているんですね。

それだけではなく、タウリンは血圧を下げて高血圧症を防いだり、弱った肝臓を回復してくれる効果も持ちます。

つまり、タウリンを摂取するだけで高血圧症や動脈硬化を防いでくれるということなんです。
タウリンは体に大変素晴らしい効果を持つ成分ですが、実は摂取しすぎると体内から排出されるので効果はでません。

また、胃の悪い時に摂取すると吐き気なども催すこともあるので、摂取の量・自分の体調に気を付けて摂取を心掛けた方がいいと思います。それさえ守れば脂肪肝対策を含め体に素晴らしい効果を持つ成分です。イカなどを食べれば気軽に摂取できるのがタウリンの一番の素晴らしいところだと思います。

脂肪肝の改善にはサプリメント

脂肪肝を改善するために、サプリメントがありますが、タウリンの入ったサプリメントがオススメです。
タウリンの摂取で脂肪肝を改善することができます。タウリンには、肝臓に蓄積している中性脂肪を体の外に排出する働きをうながしてくれます。

また、血液中のコレステロールを下げる働きもあります。さらにタウリンにはそれ以外に肝臓の細胞の修復し、肝機能の回復に効果があるといわれています。

ではこのタウリンはどのような食品に多く含まれているかというと、牡蠣やハマグリが特に多く、それ以外にもイカ、タコ、エビに多く含まれております。しかし、これらの食品を上手に継続的に摂取することはとても難しいです。

1日にタウリンを500mgの摂取が望ましいですが、多く含まれている牡蠣やハマグリでも1日に摂取する量が6~7個となり、これを毎日と考えるととても大変です。そこで、タウリンの含まれたサプリメントだと毎日手軽に摂取することができ、無理なく脂肪肝の改善をはかることができます。

世の中にあるタウリンサプリの商品紹介

タウリンサプリ商品の特徴を分析して紹介します。
レバリズムーLについてですが、内容成分に各県の物を使い作られているのが特徴的です。例えば静岡県産のしじみを使い、オルニチンを含有させています。他に岡山県産の牡蠣を使いタウリンの含有量を増やし、千葉県産のスクワレンを使いシスチンやビタミンB2、Eを含有しています。このような形で各地域の産物を利用しながら、タウリンサプリを作っている辺りが類にない魅力を商品に感じます。

その各地域の産物からとれる有効成分ですが、成分ごとにサプリの力をアップする為それぞれの特性を持っています。
オルニチンはアンモニアを分解し、肝臓の解毒作用をたすけます。牡蠣エキスは有害ミネラルや肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進します。そしてシスチンは有害物やアルコールを解毒する作用があります。シスチンは他にもメラニンを抑える働きがあるのでシミを抑えたり美肌効果もあります。

これだけの成分を含有しているだけに、大事な肝臓を助ける効果はしっかりと期待できると思います。お試しモニターでの満足度も97%ということは、信頼しても良いサプリと言えます。ただサプリを飲んでいるからと言っても、生活習慣や食生活の改善も合わせてやりより一層の相乗効果があると思います。

 

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

-脂肪肝改善する方法

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.