アルコール性脂肪肝の禁酒期間と短縮のコツ

更新日:

定期検診で肝臓の数値で引っかり医者からついに宣告を受けた「脂肪肝」

「しばらく禁酒しないといけないなあ~」
「いつまで禁酒すればいいんだろう」

これはつらいですよね。実際に禁酒をするとなると

我慢できる期間なのか、少しでも禁酒期間を短くできないか。

非常に気になるところです。禁酒期間について解説していきます。

脂肪の量による脂肪肝の禁酒期間

アルコール性の脂肪肝は禁酒で改善されます。昭和大学医学部の研究結果をもとに算出するとそのツラい禁酒期間は3ヶ月です。

肝臓についた脂肪は1ヶ月で劇的に変化し、その後はゆるやかに減少して3ヶ月ほどですっかりよくなる場合が多いです。

上のグラフ(縦軸:脂肪量、横軸:禁酒週数)のように、同じ1週間でも3ヶ月後の1週間より禁酒開始直後の1週間の方が変化が大きいです。

人によっては1週間禁酒をして、肝臓の数値がよくなったと言う人もいます。その理由はこの変化の偏りによるものです。初めの1週間は特に重要といえます。

γGTP(ガンマ)による脂肪肝の禁酒期間

血液検査でγgtpが高いことで脂肪肝と指摘されたケースもあるでしょう。

独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターによるとγGTPの半減期は2~3週間です。半減期とは1/2に減るまでの期間のことを言います。

完全に禁酒するとγGTPが100の人は2週間ほどで50になる計算です。

できるだけラクに効率よくγGTPを下げたいなら「γGTPを下げる方法」のページが参考になると思います。

禁酒期間を少しでも短縮したいならしじみサプリがおすすめ

たった3ヶ月。されど3ヶ月。禁酒するのは楽じゃないですよね。禁酒期間を少しでも短くしたいなら上質なタンパク質を取りましょう。タンパク質をとることで肝臓が元気になります。

タンパク質は、肉、魚介類、卵、豆類などに豊富です。毎日の食事で補充するのが理想です。

でも、食事でバランス良くタンパク質を補充するのは大変ですよね。そんなときは「しじみサプリメント」がおすすめ。理由はこちらでみてみてください。

> 続きを読む 

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

-脂肪肝を知る

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.