高齢などの理由で運動ができない人が脂肪肝を治療する方法

投稿日:

高齢者の中には、運動ができないと悩んでいる方もいらっしゃいます。
「脂肪肝と言われた。運動はしたいけれどできない」そんな声も聞こえてきます。

自分で運動ができない方は、運動器具を使ってみるのもいいですね。

脂肪肝は、軽めの有酸素運動をすることで脂肪が燃焼していきます。

今回は、運動ができない人が脂肪肝を治療する方法をご紹介しましょう。

 

脂肪肝・運動ができない人は食事療法が大事

○初期の脂肪肝の場合、食事療法と軽めの運動をすることで改善していきます。

・今の食事の量を減らす→25%程度減らしてみる

1:糖質・脂質は控え良質なタンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取する。
2:塩分は少なめにする。
3:油は、オリーブオイルなどに変える。
4:食事はゆっくりよく噛んで食べる
よく噛んで食べることで唾液がたくさん分泌され肝臓を助ける酵素が増えていきます。

・軽めの運動を続ける
・アルコールはなるべく控える

以上のことを続けていると2週間ほどで、肝臓の数値GPT・GOT・γ-GTPもさがってきます。

しかし、歩くことができない。車イスでの生活だという高齢者の方もいらっしゃいます。
そんな方はどんな運動が効果的でしょう。

脂肪肝・運動ができない人の治療方法

○運動ができない人はどんな運動が効果的

1・少しでも歩ける方は、プールでのウォーキングがお勧め
2・ペットボトルを使って運動をする
3・バランスボールを使う

・プールでのウォーキング
プールでの歩行は、高齢者の方で運動ができない方にとくにお勧めです。

水の中を歩くことで体重が陸上よりも70%も軽くなります。
このため、膝への負担が軽くなります。

消費カロリーは陸上の倍の量を消費するので効率的に脂肪燃焼ができます。

プールでウォーキングをしても痩せないと言う方もいますが、脂肪肝は改善されていきます。

・ペットボトルを使って運動をする
ペットボトルに水を入れて両手に持ち広げて上下させる。
太腿の間に挟んで力をいれる。
両手に持って身体を左右にねじる(足は肩幅くらいに広げる)
ペットボトルに水を入れるのが重たい方は、水を入れずにそのままで上下運動

立ったままがきつい方は、イスに座ってしましょう。

・バランスボールを使う
バランスボールは体幹を鍛えるのに適しています。

自分に合ったバランスボールを購入してください。
身長に合わせたバランスボールがいいです。

高齢者の方は、バランスボールを利用するときは、後で補助をしてもらうようにしましょう。

まとめ

脂肪肝の治療は「食事療法」と「運動療法」と言われています。
高齢者の方で運動ができない方でも毎日軽めの運動を習慣にすると脂肪は少しずつ燃焼されていきます。
また、軽めの運動は脳の活性化にも役立つので、ぜひ続けて欲しいです。

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

-脂肪肝改善する方法

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.