脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

緑茶が脂肪肝に効く理由と効果的な飲み方!秘密はカテキン

更新日:

健康番組で取り上げられることの多い、脂肪肝。
脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気で、脂質や糖質の過剰な摂取、運動不足などが主な原因とされています。

インターネットやテレビでは様々な脂肪肝対策が喧伝されており、脂肪肝に悩む者にとっては「どれが良いのだろう」と新たな悩みにさえなっています。
今回はそのような悩める方へ、安心して手軽に摂れ、様々な研究データにより脂肪肝改善への効果が実証されている緑茶について述べたいと思います。

『緑茶はなぜ脂肪肝に良いのか』

緑茶に含まれる主な成分として、「カフェイン」「ビタミン類(ビタミンC B2など)」「カテキン」などが挙げられます。
近年、この中の「カテキン」が脂肪肝改善に効果があることが分かってきました。

カテキンには、脂肪を分解し、糖や脂肪の吸収を抑制する効果があります。
これらはカテキンの抗酸化・抗炎症作用によるものとされており、毎日の食事と一緒に摂取すると、より効果的というデータもあります。

価格も手頃で健康的な飲み物なので、是非、緑茶を飲む習慣を身に付け、脂肪肝を改善していただければと思います。

一つ注意点を挙げると、緑茶にはカフェインが含まれているので、お薬の関係でカフェインの摂取を禁じられている方は控えてください。就寝前の飲用も同じです。

脂肪肝に効く緑茶の成分

・脂肪肝には緑茶が効く?

「脂肪肝には緑茶が効く」と言われていますが、その理由は緑茶に含まれる「カテキン」という成分にあります。
カテキンはポリフェノールの一種で、お茶に含まれている渋み・苦み成分です。お茶全般に含まれていますが、特に含有量が多いのが緑茶です。
そして最近の研究で、緑茶に多く含まれるカテキンには非アルコール性の脂肪肝を改善させる効果があることがわかってきているのです。

・カテキンが脂肪肝に効く理由は?

非アルコール性脂肪肝炎は脂肪肝が進行したものですが、その原因は活性酸素にあります。
紫外線や慢性的なストレス、喫煙やアルコールの摂りすぎなどで活性酸素が大量に発生すると、その活性酸素が肝臓の細胞を攻撃することで炎症を引き起こしてしまうのです。
そしてカテキンは、この活性酸素を除去することで肝機能を向上させるほか、肝臓内の脂肪燃焼酵素に作用することで脂肪燃焼を促進する効果が期待できるのです。

・より効果をアップさせるには?

脂肪肝に効くカテキンですが、より効果をアップさせるためには、1日に最低500mg、可能であれば1,000mgのカテキンを摂るのがコツ。
例えば煎茶もしくは番茶の茶葉5gに熱いお湯100mlを入れて1分置くと、カテキンは300mg~400mgになります。同じ茶葉から2杯目を飲み、朝食・昼食時に飲めば1日1,000mgのカテキンが摂れますよ。

脂肪肝に効果的な緑茶の飲み方

・緑茶が脂肪肝に効く理由

脂肪肝は肝臓の脂肪により引き起こされる病気で、脂質、糖質の過剰摂取や運動不足が主な原因と言われています。そんな脂肪肝を改善する為には食生活の見直しや運動をするといった方法もありますが、もっと手軽にできる方法として緑茶を飲むことが挙げられます。

緑茶には主成分としてカフェイン、ビタミンC、ビタミンB2といったビタミン類、カテキンが含まれています。そして今注目されている成分がカテキンで脂肪肝改善に効果があることが判明しました。カテキンの働きとして脂肪分解作用、糖、脂肪の吸収を抑える効果があり肝臓に脂肪が溜ることを予防してくれます。

 

・脂肪肝に効果的な緑茶の飲み方

カテキンには抗酸化と抗炎症作用があるので毎日食事の際に一緒に緑茶を飲むとより効果的に脂肪肝を改善、予防することが出来ます。また一番のポイントは継続して続けることなので価格も手頃で健康効果もある緑茶を毎日食事の時に飲む習慣をつけることをお勧めします。

 

・緑茶を飲む際の注意点

緑茶を飲む時の注意点としては緑茶はカフェインを含んでいるので、妊婦や薬の服用によりカフェインの摂取が制限されている人は緑茶を飲むのは控えて下さい。またカフェインには脳を興奮させる作用があるので就寝前に飲むと寝つきが悪くなるので止めておきましょう。

脂肪肝に効くお茶の飲み方

食事の際に一緒に飲む
脂肪肝に効くお茶の飲み方としては、食事の際に必ずお茶を一緒に飲む方法が挙げられています。糖分や脂肪分の吸収を抑制したり、適量のみの吸収に留めたりすることに繋がるとされているため、お茶を毎食飲むよう心掛けることが望ましいのではないかと考えられています。脂肪肝のリスクを低減させることにも直結していくのではないでしょうか。

起床後すぐに飲む
起きてからできるだけ時間を空けずにお茶を飲むことも、脂肪肝には効果があるのではないかと認識されています。脂肪肝のリスクを下げることに加えて、日常的に健康に暮らすことにも関わっていくとみられていることから、積極的に起床後にお茶を飲むことがベストであるとされています。こうしたお茶の飲み方を実践する人も、脂肪肝の人には多く見受けられているのではないかと認識されています。

こまめにお茶の飲む機会を設ける
食事のタイミングや、起床後など、様々な機会でこまめにお茶を飲むようにすることで、脂肪肝の可能性は下げることができると考えられています。普段の食事や運動に配慮することは必要不可欠であると考えられているものの、それに加えてお茶をこまろに飲むことも大事であるとされています。

緑茶の副作用と飲んではいけない人

・緑茶にも副作用がある?

健康に良いお茶の代表格である緑茶。
日本人になじみが深く、和食にもよく合うことから毎日飲んでいるという人も多いはず。
でも実はそんな緑茶も毎日大量に飲んでいると危険かも?ここでは、緑茶の副作用と飲んではいけない人についてご紹介します。

・緑茶の副作用とは?

緑茶の副作用として挙げられるのは、飲みすぎることで貧血になる場合があるということです。
これは緑茶に含まれる「タンニン」という渋み成分によるもの。
そしてタンニンは鉄と結合するという特徴があり、その結果鉄分が体に吸収されなくなってしまい貧血を引き起こしてしまうのです。
さらに、緑茶にもカフェインが含まれているため、飲みすぎると睡眠の質を悪くしてしまう可能性があります。
緑茶の種類にもよりますが、例えば100mlあたりのカフェイン含有量は番茶で10mg、ほうじ茶や煎茶で20mg、玉露の場合はなんと160mgも含まれています!

・緑茶を飲んではいけない人は?

カテキンが鉄分の吸収を妨げてしまうという特性から、緑茶は重度の貧血の人にはオススメできません。
また、貧血になりがちな妊婦さんも出来るだけ避けたほうが良いでしょう。
さらに、カフェインが含まれていることから、特に3歳未満の乳幼児には飲ませないほうが良いとされています。

カテキンの効果と副作用

・カテキンの効果

カテキンは緑茶に多く含まれています。
風邪予防や改善に効果があることで知られています。

カテキンには抗酸化作用や抗菌作用などの効果があります。
緑茶にはビタミンCの効果で、紫外線によるシミの予防や改善が期待でき、美肌にも嬉しい飲み物です。

それ以外にもコレステロール値を下げたり、脂肪の吸収を抑える効果があり、脂肪肝の改善にも期待ができます。
カテキンはダイエット効果を高めてくれるので、上手に活用していきたいものです。

・カテキンの副作用

カテキンの過剰摂取によって、肝機能障害が起こる危険性があります。
カテキンの副作用についてはあまり知られていないようです。

また、緑茶にはカテキンの他に、カフェインが多く含まれています。
カフェインの過剰摂取でも副作用を生じる可能性があります。

カフェインの過剰摂取や不眠や不安などを引き起こすことがあります。
カテキンもカフェインも適度に利用することで、その効果を上手く活用ですることができます。

・適度な量を守ることが大切

いくらカテキンの効果のあるお茶だからと言っても、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

どんなに良いものでも摂りすぎると、逆効果になってしまい、体に害を及ぼしてしまいます。
自分で適度な量を把握し、摂りすぎないように気をつけることが必要です。

トクホの緑茶3つ

・サントリー「伊右衛門 特茶」

サントリーの伊右衛門特茶の特徴は、トクホ飲料史上初めて「脂肪を分解させる」という働きにより体脂肪の減少効果が見込めるというものです。
これは、「ケルセチン配糖体」の作用によるもの。ケルセチンはブロッコリーや玉ねぎなどの野菜に含まれているポリフェノールの一種で、抗酸化作用や抗炎症作用などが認められています。
そしてケルセチンを糖と組み合わせたケルセチン配糖体は、脂肪分解酵素リパーゼを活性化することがわかっているのです。
製品500ml当たりカテキンが230mg入っています。

・花王「ヘルシア緑茶」

花王のヘルシア緑茶の特徴は、茶カテキンの力で脂肪を分解してエネルギーに変えてくれることで体脂肪を減らす効果が見込めるということです。
また、飲む時間に関わらず脂肪を代謝する力を高めてくれるというのも特徴ですね。食事のときでも仕事の合間でも、時間のある時で良いのです。これは、忙しい人には助かりますよね。
ちなみにカテキンの含有量は350ml当たり540mgとかなり多いですね。

・伊藤園「カテキン緑茶」

伊藤園のカテキン緑茶の特徴は、茶カテキンの働きで脂肪の吸収を抑制してくれるほか、血中コレステロールを下げてくれる作用があるという点です。
体脂肪はもちろんのこと、コレステロール値も気になる…という人にはピッタリですね。
また、カテキンには実は8種類もあるのですが、カテキン緑茶に含まれているのは「ガレート型カテキン」というもの。このガレート型カテキンの働きで、脂肪やコレステロールの吸収を抑えてくれるのです。
カテキンは、350ml当たり178mg含まれています。

 

脂肪肝へのウーロン茶の効果

ウーロン茶が脂肪肝の改善に良い理由

ウーロン茶には脂肪の吸収を抑える重合ポリフェノールという成分が含有されており、重合ポリフェノールの働きで脂肪肝の改善効果が期待できます。重合ポリフェノールは体内に蓄積している脂肪を排出する働きもあるため、脂肪肝の悪化を防いでくれます。重合ポリフェノールが脂肪の吸収を抑制することは科学的に証明されており、特定保健用食品の保健機能成分としても認定されています。

トクホのウーロン茶の特徴

特定保健用食品はトクホと呼ばれており、健康への効用を示す表現の使用が許可されています。トクホのウーロン茶は一般的なウーロン茶よりも重合ポリフェノールの含有量が多く、脂肪の吸収を抑える働きが優れています。肝脂肪の改善効果も普通のウーロン茶よりも優れており、肝脂肪の予防改善に大きく貢献します。ただし、特定保健用食品はあくまでも食品ですので、トクホのウーロン茶を飲むと肝脂肪が絶対に治るというわけではありません。

ウーロン茶の効果的な飲み方

肝脂肪の改善のためにウーロン茶を飲む際には、食事中や食後に飲むのが最も効果的です。食事中や食後にウーロン茶を飲むと、食べ物に含まれる脂肪の吸収を抑えてくれます。

脂肪肝への紅茶の効果

・紅茶の有効成分

紅茶に含まれる有効成分を挙げていくとはカルシウム、カリウムなどのミネラル、ビタミンB1・B2、ナイアシンといったビタミン類、さらにはテラフラビン、紅茶フラボノイド、カフェインなどの紅茶固有の有効成分を含んでいるのが特徴です。ちなみにテラフラビンは緑茶のカテキンが発酵した時に合成された紅茶の赤い色素のことでポリフェノールの一種と言えます。この紅茶独特の有効成分は様々な効果があると言えます。

・脂肪肝への紅茶の効果

紅茶カテキンは糖分分解酵素があり、カテキンが肝臓の脂肪を代謝することで脂質の過剰摂取により肝臓に蓄積された脂肪を除去することが出来るので脂肪肝の改善と予防に最適な飲み物と言えます。 また紅茶に含まれるカフェインには脂肪分解作用と脂肪燃焼促進作用があり、その他にも紅茶には抗酸化作用、血中コレステロールを抑えることで血糖上昇抑制し動脈硬化を予防する効果があります。だから紅茶を毎日飲むことにより様々な生活習慣病を予防することが出来ます。

・紅茶を飲む際の注意点

紅茶は空腹時に飲むと胃壁を荒らすことがあるので避けて下さい。空腹時に飲みたい場合はミルクティーにすることで胃が荒れるのを防ぐことが出来ます。あと睡眠前に飲むと利尿作用、覚醒作用があるから眠りの質が低下してしまいます。また貧血の人は注意が必要でヘム鉄は問題ありませんが非ヘム鉄をタンニンと一緒に摂取すると吸収が阻害されてしまいます。

脂肪肝へのハーブティーの効果

活性酸素の除去
肝臓に存在する活性酸素を取り除き、脂肪分が肝臓に蓄積されにくい環境を作ることが期待できるとされています。ハーブティーの最も大きな特徴であるとも考えられており、脂肪肝の可能性を低減させることにも直接的に関わっています。このような作用は、慢性的に脂肪肝の状態が続いている人にとっては、嬉しい作用のひとつとして取り上げられています。

強く期待できる解毒作用
解毒作用もハーブティーの魅力として挙げられており、この効果も肝臓の脂肪肝傾向を緩和させることに役立っています。毒素が多く存在する傾向であると、脂肪肝が進行しやすくなってしまうため、その危険を少なくすることが実現されています。ハーブティーを日常的に飲むようにすることで、脂肪肝への対策ができることにも関わっているのではないかと考えられています。

脂質の代謝の活性化
脂質の代謝を活性化させる機能も、ハーブティーには強く期待できるのではないかと認識されています。代謝が促進されることに伴い、肝臓の脂肪分の蓄積が食い止められることにも直結することから、効果が強く期待できると評価されており、できるだけ積極的にハーブティーを取り入れることが推奨されています。

脂肪肝におすすめお茶商品

(どんなお茶商品が脂肪肝に良い?)
緑茶に含まれているカテキンは、肝臓の脂肪燃焼酵素に働きかけ脂肪燃焼効果が期待できるので、カテキンがたっぷり入っているお茶商品がおすすめです。
カテキンの働きに注目して商品を選ぶなら、花王のヘルシア緑茶が理想的です。
カテキンと違った視点で脂肪肝に働きかけるお茶なら、サントリー特茶がおすすめです。特茶は、ケルセチン配糖体が含まれていて、脂肪を分解して体脂肪の低減に期待できます。

(ウーロン茶の商品も脂肪肝に)
サントリーの黒ウーロン茶は、ウーロン茶重合ポリフェノールが含まれていて、脂肪の吸収を抑制し排出を促す働きが期待できます。
その為、黒ウーロン茶は食事と一緒に飲むことがおすすめな飲み方で、脂肪肝が気になる人に向いているお茶です。

(変わったお茶商品もおすすめ)
杜仲茶は、色々なメーカーから販売されていますが、アスペルロシドが含まれていて基礎代謝を高める働きがあるので、脂肪肝への働きかけが期待できます。
漢方薬として使用されることがあるハブ茶も、脂肪肝におすすめです。商品としても色々なメーカーから販売されていて、ハブ茶に含まれるアントラキノン誘導体は、解毒や利尿などの作用があるので、不用物を排出して肝臓の負担軽減に期待できます。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝と食品

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 All Rights Reserved.