ピーナッツが脂肪肝に与えるいい影響と悪い効果

投稿日:

ピーナッツが習慣的なアルコールの過剰摂取が原因で肝臓に脂肪が蓄積されるアルコール性の脂肪肝に良い効果をもたらすことが判りました。ピーナッツなどに 含まれる”レスベラトロール”という物質が脂肪の代謝を調整してアルコール性脂肪肝を予防できるそうです。レスベラトロールは肝臓の脂肪量を減少させると 同時に脂肪の分解を促進することがマウスによる実験で明らかになりました。その為、研究者の間でこのレスベラトロールがアルコール性脂肪肝の治療薬と成り 得ると言われています。

その他にもピーナッツには肝臓で糖分、脂肪、アルコール等の代謝を助けてくれるナイアシンも豊富に含まれています。ピーナッツをお酒と一緒に食べるのは理にかなっていると言えます。

このように、ピーナッツには脂肪肝はもちろん、生活習慣病予防によい成分が多く含まれているのですが、高カロリーな食べ物です。食べ過ぎは禁物です。摂取 量は脂肪肝の進行度によってなので医師と相談しながらが良いと思います。一般的な目安は1日20~30粒とされています。また、ピーナッツにはアレルギー のある人もいます。ひどい場合は摂取によって窒息の危険もあるので、これもまた医師に相談してから摂取すべき要因の一つです。いずれにしても自己診断は危 険なので、まず医師の診断を受ける事が大切です。

 

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)が気になる人に。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

980円をケチって、再検査にかかる費用と時間をムダにするのはもったいないですよね。

-脂肪肝と食品

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.