高いγGTPを下げる方法!117から20にガンマGTPを下げた秘密はアミノ酸

更新日:

γGTPとは血液中にある酵素

γGTPとは「γグルタミルトランスペプチダーゼ」という名の酵素のことで、肝臓の解毒作用に関係しています。肝臓及び胆管細胞が壊れてしまうと血液の中に応をγGTPが流れ出す為に「逸脱酵素」とも呼ばれます。特にアルコールに対してすばやい反示し、血液検査でγGTPの数値を調べることによって肝臓障害をすばやく見つける事が出来ます。

γGTPの数値が上がってしまうと、実際には体の中で肝臓や胆管の細胞が壊れてしまっていることを意味しますので、同じ逸脱酵素であるGOTやGPTの数値も上昇していれば肝炎や肝硬変、肝臓がんといった病気を疑うことになるでしょう。血液検査の結果を元に、腹部エコー検査など追加で詳しく調べる必要が出てきます。

γGTPの数値のみが上がっている場合は胆道に異常がある事が疑われます。また、それまで異常が見られなかったのに急激に数値が跳ね上がったという場合には癌が潜んでいる可能性も考えられますので、気になる場合は腹部エコー検査やCT検査、胆管検査など、精密検査を受けてみた方がいいでしょう。

γGTPの数値が高いからといって、自覚症状があるかというとほぼない場合が多いです。肝臓は沈黙の臓器と言われているように自覚症状が出る頃には病気がかなり進行していることも少なくありません。血液検査でγGTPの数値が高くなったら、アルコールの量を減らすなどして日常的に食生活の改善に努めていく事が大切です。

γGTPが低い場合の問題

γGTPが高い!だから一生懸命禁酒して生活改善を変えて頑張る!という人からすると、とてつもなく羨ましいのが、γGTPが低い人の存在です。
γGTPの正常数値は成人男性であれば、10~50U/L、成人女性であれば9~32U/Lという値になります。

しかし中には、この数値よりもさらに低くて一桁台なんて方も実は結構いる。この場合はお酒を飲まない事によりこの数値になる事が多く、当然肝臓に対して負担を与えていないのでアルコール無し、肝臓処理型の投薬等も行われていない事が多い為この数値となる訳です。

更に女性の場合基準値が男性に比べてかなり少ない理由として、女性ホルモンにはγGTPをかなり下げる役割がある為、男性に比べて数値が低くなり、特に妊娠中や生理の時などには、大量に分泌される女性ホルモンの影響でお酒を飲んでいてもかなり数値が低くなる事が知られています。

お腹に赤ちゃんがいる場合は当然お酒等は控えるべきですが、女性ホルモンの分泌が比較的多い男性も同じような効果が表れる場合もあり、その場合は必然的にγGTPが低くなります。

但しγGTPが低すぎると何か問題があるのかと気にする人も多くいらっしゃるのは事実ですが、医学的には肝臓はピンピンしてますよという表現を使われる程、全くリラックスしている肝臓であると言っても過言では無いのです。

ですが調子に乗って、投薬があるにもかかわらずアルコール摂取や、機能性をうたうサプリメントの乱用、不規則な食事を続けてしまえば、低かったγGTPが上昇しないとは言いきれません。

γGTPの値が高ければ、合併症の危険も高く下げる努力が必要となりますが、低いからと言ってわざわざ上げる必要性はありませんので、数値が低いからと言って心配する必要はありませんが、どうしても心配という場合は、女性ホルモンの過多等に起因する場合による症例も無いとは言いきれませんので、一度医師の診断を受けてみても良いと思われます。

γGTPの検査を受けるときの注意事項

γGTPは、血液検査項目でよく見かけるものです。肝機能・胆道系の状態を知ることができる検査項目の一つですよね。それでは、いざ検査を受ける時、注意しなければいけないことがあるのをご存じですか?検査結果を正確に出すためにも大切なことなので、検査前には知っておくことが重要です。

まず、検査前日お酒を飲むのは控えましょう。この飲酒により、γGTPの数値が高くなってしまうことがあるからです。また、数値に異常があった場合、お酒が原因なのかそれとも他の病気が原因なのか、判断が難しくなってしまいます。

また、油の強いものも控えておきましょう。油脂の取りすぎも数値が高くなってしまうからです。前日はアルコール、油の強い食事などは控えるように注意して過ごしてください。

では、検査当日はどうでしょう。検査前は、アルコールはもちろん食事もとってはいけません。軽く水分補給するぐらいにしておきましょう。検査が終了すれば、普段通り食事をとっても大丈夫です。

検査を受ける前に、注意事項等が記載されているものを渡されたり、直接担当者の方から説明があると思います。しっかりと、注意事項を守り正しく検査を行うようにして下さい。そしてその検査結果をもとに、自分の体の状態を正しく把握し、健康維持に役立てていきましょう。

γGTPを下げる方法は肝臓を回復すること

γGTPは肝臓のダメージが血液中に流れ出たもの。このγGTPを下げるには、運動や食事制限で肝臓へのダメージを減らす。それと同時に肝臓を回復させることが重要。

肝臓を回復させるためには、肝臓に良い栄養素をとること。回復を早めることでγGTPを早く下げることができます。肝臓にいい栄養素は食事でとることができれば一番ですがそれができれば苦労はないですよね。必要な栄養素を十分にとるためにはサプリの力を借りましょう。

 

> 前のページへ 

ガンマGTPが117から20に下がったサプリ

レバリズム-L

国内産しじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンを含み、肝臓に良い成分のオルニチン、タウリン、亜鉛などが豊富です。

肝臓の主成分であるたんぱく質を生成する必須アミノ酸を9種類すべて含むしじみサプリ。良質なアミノ酸を取ることで肝臓のダメージを回復し、γGTPやALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。

まずは、3ヶ月を目安に飲むといいでしょう。

  • 二日酔いが楽になった。
  • 飲みやすい。
  • 体が軽くなった。

といった利用者の口コミも多数。

今なら1ヶ月分が980円(税込み)送料無料で試せる。1日当たり33円。コンビニでウコンを買うより圧倒的に安いです。

健康診断の結果が楽しみになったという感想も。日本国内の素材や天然成分で生産されているのも安心です。

ソフトカプセルなので錠剤よりも吸収が良いのもポイントです。

食生活を見直したのもあるでしょうが、

100以上あったγGTPが20まで下がりました。

 

-脂肪肝を知る

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 AllRights Reserved.