脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

ALPを下げる方法は食事?薬?

更新日:

沈黙の臓器とも言われる肝臓は、気が付かないままに様々な負担を受け、気づいたときにはすでに手遅れということにもなりやすい臓器です。

ALPは肝臓の変化を見分ける数値です。ALPが高いとどんな問題があるのかALPを下げるおすすめの方法を紹介します。

ALPを下げる禁酒と食生活の改善

肝臓の機能の値を表すのがALPというもので、肝臓がダメージを受けると血液中に漏れ出し、その数値が上がってしまうのです。すなわち、この数値が高い場合、肝臓には何らかのダメージがあるということになります。

その主な原因はストレス、飲酒、食生活であると言われています。もちろん、肝臓の疾病の場合もありますが、多くの場合は生活習慣の乱れからくるものであると言えます。

まず肝臓の天敵であるアルコールを多く摂取している方は、量を減らす事、また飲酒の際に同等量の水などを飲むことがALPを下げることにつながります。飲酒をする方にとって断酒はなかなか大変ですので、水分を同時に取る事でアルコールを薄め、さらに膨満感を促すことがお酒の量を減らすことにつながるのです。

食生活については、脂っこいものをさけ、野菜中心の食事が効果的なのは言うまでもありません。インスタント食品、コンビニ弁当なども肥満の原因となりますので、なるべく健康的な食事を心がけましょう。

ALPと生活習慣は密接な関係があります。ALPを下げたいという方は、まず食生活、お酒の飲み方から見直すのが効果的です。

ALPを下げるのにいい食べ物

ALPを下げるのに役立つ食べ物として有名なものに、牡蠣があります。牡蠣には豊富な栄養素が含まれており、肝臓の働きを助ける成分も多くなっています。ミネラルなども豊富で、体にも良い影響を与えます。タウリンの含有量が他の食材に比べて多くなっており、肝臓のサポートにはぴったりの食材として知られています。

また飲みすぎた翌日などにも効果的な食材として、しじみがあります。しじみにもミネラル成分が含まれていることから、ALPを下げる効果が期待できます。オルチニンが含まれていることと、栄養成分がバランス良く配合されていことで肝臓の修復を早めることができます。しじみの味噌汁などにすれば、煮汁がすべて飲めるので栄養分が効率的に摂取できます。

肝臓の疲れや数値が気になる場合には、ミネラルがたくさん含まれた食材を取り入れることが重要です。体の酸化を防いで解毒作用を高めてくれる食材なども、ALPを下げたい時に効果的です。

このような抗酸化作用が高い食材はフルーツや緑黄色野菜などに数多く存在します。肝臓が弱っていると感じた時には、野菜や海産物などを積極的に取り入れるようにして、肝臓の負担を減らしてあげることが大切です。

脂肪肝に悪い食べ物といい食べ物・飲み物

脂肪肝を悪化させる食事ってなんだろう。 少しでも改善できる食べ物や飲み物はないだろうか。 ごはんが一番の楽しみ。我慢したくないけど無理だろうか。   こんな悩みを抱えている人は多いです。脂肪 ...

続きを見る

ALPを下げるのにいいサプリ

ALPを下げる効果のあるサプリは、複数存在します。代表的なものとしては、スルフォラファンが挙げられるでしょう。このサプリには、ブロッコリースプラウトという成分が配合されており、肝機能の正常化に作用します。

ALPの血中の数値を改善することにも役立つため、積極的に服用する人が目立っています。抗酸化作用も期待できることから、肝機能以外にも全身の健康のケアに対して利用できる点も、メリットのひとつとして挙げられるのではないでしょうか。

肝パワーEプラスのサプリも、ALPの数値を下げることに作用するものとして挙げられています。南高梅のクエン酸や牡蠣から抽出される亜鉛などが、肝臓の機能を回復させることに加えて、ALPの数値の水準を正常に近付けることにも役立ちます。そのため、スルフォラファンと共に肝機能の回復やALPの数値の改善に役立つものとして挙げられており、服用する人も多くなりつつあります。

ALPの数値を気にする人は多いとされていますが、スルフォラファンや肝パワーEプラスのサプリメントを適宜服用することが、対処方法になると言えるのではないでしょうか。ALP以外の肝機能の数値にも良い影響が与えられることから、メリットは大変大きいと考えられています。

 

 

 

ALPが高い原因

ALPが高くなる原因としては、内臓器官が障害を起こしていることが第一に挙げられています。肝臓や胆管などに障害が発生してALPの数値が高くなることはしばしばあると考えられており、胆汁の流れが閉塞性の黄疸などによって悪化し、血液中にALPが浸出することでこの数値が高くなることが多いと考えられています。また、骨に問題や異常がある際にも、骨の組織から血液中にALPが浸み出して、数値が高くなりやすいとされています。

血中のALPの値が大きくなる要因としては、内臓器官や骨などの疾患以外も想定されています。妊娠中は、妊婦の血中ALPの値が自然と高くなる傾向にあるとされているためです。

多くの妊婦がALPの高い状態になりやすいとされており、母体、胎児共に健康でもこの状態になるとされています。出産が近くなるにつれてALPの数値が跳ね上がることもあり、数倍のALP値を示すこともあります。出産後は徐々にALPの値が下降していくため、問題の無いケースが多いと言えるでしょう。

このようにして、疾患以外にも、妊娠を契機に血中ALPの値が大幅に高くなることも考えられています。妊娠が契機となってALPが高くなった場合には、極度に心配することがない例が一般的となっています。

ALPが高い!考えられる病気

ALPとはタンパク質の一種でアルカリホスファターゼの略です。様々な臓器にあるものですが、特に肝臓や骨、小腸、胎盤などに多く含まれています。ALP値が高いのは、臓器が障害を受けてALPが血液中に流出しているためで、臓器障害が起こっている可能性があります。

ALPは6種類のタイプがありALP1・2が肝臓、ALP3は骨、ALP4は胎盤、ALP5は小腸、ALP6が免疫グロブリン結合型となり、タイプによってどの臓器の障害なのかがわかります。ALP1・2が高値の場合、胆汁の流れが悪くなっていて、胆石や腫瘍等の可能性があります。ALP3の場合、骨折、骨粗しょう症、がんの骨転移などが考えられます。

ただALPの高値は必ずしも病気とは限らず、妊婦も後期にはALP4が基準値の2、3倍になることがあり、健康な人でも、血液型がB型あるいはO型の人は食後にALP5が上昇することがあります。ALP6については臨床的意義は不詳です。特定の疾患との因果関係認められず、多くの病態で検出されることがあります。健常者でも上昇することがあり、加齢とともに増加傾向になります。

大切なのは内科を受診するなどして一度医師に相談し、検査の上、どの臓器からALPが出ているか確認することです。

 

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝の数値を下げる

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2017 All Rights Reserved.