脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

味覚障害の原因と亜鉛対策

更新日:

味覚障害の原因

味覚障害は味覚の感度低下や消失、何も食べていないのに何らかの味を感じたりもする(自発性異常味覚)などの症状が現れます。

味覚障害の原因は大きく分けて以下の5つが考えられます。最も多いのは亜鉛不足と言われています。

①亜鉛の摂取不足

舌の表面にある味蕾(みらい)中の味細胞は約1か月で生まれ変わります。その新陳代謝に亜鉛が必要なため、亜鉛の摂取不足で味覚障害が発生します。対処方法は簡単で、亜鉛を多く含む食品やサプリメントの摂取で対処できます。また、アルコールの分解に亜鉛を必要とするので、アルコールの過剰摂取が原因になる場合もあります。

②薬の副作用(薬剤性味覚障害)

味覚障害の原因となる薬剤は多く知られています。特に抗がん剤治療を受けている人の少なくとも30%に味覚障害が現れます。対処法は薬剤を中止するか他の薬剤に変更する以外に有効な方法はありません。

③老化

加齢に伴い感覚機能が低下し味覚に障害が出る人も増えてきます。65歳以上の高齢者が味覚障害の約半数を占めると言われています。味覚の障害は認知症の初期症状として広く知られています。

④心因性

うつ病やストレスなどが原因のケースがあります。

⑤疾患

ドライマウスや舌炎・舌苔などの口腔疾患や糖尿病や腎不全、貧血、膠原病、腫瘍などの全身疾患が原因となるケースもあります。

味覚障害と亜鉛欠乏

<亜鉛の不足が味覚障害を引き起こす>

味覚を決定づける組織である味蕾は、亜鉛の力で細胞の再生を行っているため、亜鉛が減ってしまえば反応が鈍くなってしまいます。新陳代謝がよい方が味覚も敏感となるため、食事でまず補っていく工夫をする点が大切です。

<亜鉛を多く含む食べ物とは>

亜鉛を多く含むものは牡蠣や牛肉であり、日頃から簡単に摂取できるものばかりです。おいしく食べる生活と共に平均的な12~15㎎といった摂取量を目指せば、健康的な暮らしをすることができます。味が濃いものを極力減らしていくことで、味蕾の反応をよくさせる条件に成功します。豊富な味わいを舌先で感じることができれば、食生活にゆとりが生まれます。

<万が一味覚障害になったら>

普段の生活で心がけていても味覚障害になってしまったら、迷わずに内科及び耳鼻科へ行くことを推奨します。亜鉛の吸収が弱まっている症状もあり得るため、正しい診断を医師からきちんと受けることが大切です。またストレスから引き起こされる可能性があるため、味覚に関する神経に関心を強めることが重要です。高齢になれば反応力が弱っていくことから、細胞の年齢を若くする意識を持つことが大事です。

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-亜鉛サプリ

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.