脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

お酒に強くなる方法!弱い原因とすぐ赤くなる対策

更新日:

お酒に弱い原因

(お酒に弱い原因)

お酒に弱い原因は、肝臓の働きと関係があります。アルコールを摂取すると、肝臓の働きによってアルコールを分解し、アセトアルデヒドになります。この分解によって生成された成分は、毒性が強く分解をする必要があり、体内にアセトアルデヒドが多く残ると、二日酔いの原因にもなります。

(アセトアルデヒドを分解する成分)

毒性の強いアセトアルデヒドを分解する成分が、ALDH2という酵素です。ALDH2の働きで、アセトアルデヒドを分解して酢酸に変化されますが、ALDH2の分泌量には個人差があって分泌量が少ない人もいます。
この分泌量の差が、お酒に弱い人や強い人、普通の人など違いが生まれ、ALDH2の分泌量は生まれつき決まっている為、遺伝的な要素が大きく影響しています。

(ALDH2の分泌量にプラス色々な原因も)

ALDH2の分泌量が、お酒に強いかなど影響を与えますが、体内の水分量によっても違いがでてきます。
その為、体格や年齢、性別などにより微妙な差が出ますが、大きい体格の人でも水分が少ない体質だと、アルコールの影響を受ける為、外見的な要素だけの判断では違いはわかりにくい点があります。

お酒に弱い人がアルコールを摂取する場合、強くなる為ではなく、肝臓の働きを促して二日酔いなどを回避する目的に、オルニチンやウコンなどのサプリを摂取するのが良い方法です。

 

お酒の強さとヘパリーゼ・ウコンは関係ない

お酒の強さとペパリーゼ・ウコンのような胃もたれを改善するドリンクとの関係性

へパリーゼ・ウコンのような、胃もたれを改善するドリンクを飲んでも、お酒に強くなる訳ではありません。その時の胃の不快感を軽減することはできます。また、二日酔いや吐き気を抑える効力もあります。飲酒による胃のただれを治すという点では、効力を成します。

お酒に強くなるには

へパリーゼ・ウコンのような、胃もたれを改善するドリンクを飲んでも、お酒に強くなるどころか、むしろそれらのようなドリンクを飲むことに免疫がつき、お酒に弱くなる可能性があります。お酒に強い弱いは、生まれ持ってのものが大半を占めますが、弱い人でもお酒を飲み続けることによって、お酒に免疫がつく場合があります。しかし、慣れるまでは、胃のムカつきや、重度の二日酔いに苦しめられることでしょう。

へパリーゼ・ウコン等を飲むタイミング

これらは、お酒を飲み終えてからでは遅いです。お酒を飲む前に少量、飲んでる途中に少量飲むのが理想かと思われます。特に、お酒に弱い人はこれらを飲んでおくべきかと思います。また、お酒を飲み終えたら、温かいお茶を飲むことをおすすめします。お茶を多く飲めば飲むほど、次の日のダルさを軽減できるかと思います。

脂肪肝に効くウコンの人気サプリの選び方と副作用

きちんと睡眠を摂っているにも関わらず、朝起きた時に体が重く怠さを感じたり、顔色が悪く何処となく土気色の方は、もしかすると肝臓が弱っているサインなのかもしれません。 特に飽食が進む現代日本においては、暴 ...

続きを見る

 

お酒に強くなる方法

「お酒と交互に水を飲む」

お酒を飲むと体内でアルコールを分解するために、体内中の水分が使用されます。その結果、脱水状態を起こしたり、体内中の水分量が減ることで、判断力が鈍ってきます。そういった症状を防ぐために、お酒とお水を交互に飲むことが望ましいです。体内の水分量を一定に保つことで、酔う状態を遅らせることができます。またトイレに行く回数が増え、アルコールの排出を促す効果もあります。

「お酒を飲む頻度を増やす」

飲酒の頻度を増やすことで脳の耐性を上げる方法です。頻繁に酔った状態になることで、脳が慣れてしまい、判断が歪みます。脳に耐性力が備わります。脳が「ここまでは大丈夫」と判断する基準を変化させます。多少の個人差はあります。

「空腹時に飲まない」

胃の中が空っぽの状態で、飲酒してしまうと、体内がすぐにアルコールを吸収し、身体全体にアルコールが回るスピードが早くなります。その結果早く酔ってしまいます。それを防ぐために飲酒の直前に胃の中に何か食べ物を入れることで、体内でのアルコールの吸収率を抑え、アルコールが回るのを遅らせます。消化の良い食べ物がオススメです。お店側から突き出しがでた際には、突き出しを食べてから、飲酒するようにしましょう。

 

お酒を飲んでも顔赤くならない方法

お酒を飲むとアルコールが体内に吸収されていくので人によっては顔が赤くなってしまう事があります。顔が赤くなってしまうと他の人からも心配されるのでなるべく改善していきたいと考えてしまいます。そこでお酒を飲んだ時に顔が赤くならないようにするにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

・食べ物をつまみながらお酒を飲む

太らないようにするために食べ物は食べないで空きっ腹でお酒を飲む人も最近では増えてきています。しかし空きっ腹でお酒を飲んでしまうと肝臓に負担がかかるので顔が赤くなってしまいます。顔が赤くならないようにするには食べ物をつまみながらお酒を飲むようにした方がいいです。カロリーが低い枝豆などをつまみながら飲むようにするといいでしょう。

・ビールを飲むようにする

お酒を飲む時はビール、サワー、日本酒などを飲む事が多いですが、サワーや日本酒はアルコール度数が高めなので肝臓に負担がかかってしまいます。それでサワーや日本酒を飲んでいる時は顔が赤くなる事が多いです。顔が赤くならないようにするにはアルコール度数のビールを飲むようにしましょう。

・少しずつ飲むようにする

会話が盛り上がったりするとお酒を一気に飲んでしまう事もありますが、肝臓に負担がかかるので顔が赤くなってしまいます。顔が赤くならないようにするには少しずつ飲むようにしましょう。

 

お酒に強くなる方法まとめ

肝臓を少しでも強くしてアルコールの分解能力を高めると少しずつ強くなるでしょう。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝コラム

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.