脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

脂肪肝に効く漢方薬5種!効果と副作用を解説

更新日:

 

脂肪肝になってしまった。運動も食事制限もあまりしたくない。やってるけど他に改善するいい方法はないか。でも病院には行きたくない。

それならば、漢方薬という手もあります。脂肪肝に効く漢方薬を紹介します。

脂肪肝に効く漢方薬 大柴胡湯(だいさいことう)の効果と副作用

脂肪肝になってしまうと肝硬変や肝臓がんのリスクが高まってしまうので漢方薬を飲んで予防している人もたくさんいます。漢方薬にもいろいろな商品がありますが、脂肪肝を改善するのに適しているのは大柴胡湯と言われています。最近では大柴胡湯を飲む人も増えてきていますが、実際にどのような効果や副作用があるのか確認していく事にしましょう。

・肝臓の代謝機能を高める

年齢を重ねてくると肝臓の代謝機能が低下してくるので脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。それで脂肪肝になってしまう人も多いですが、大柴胡湯は肝臓の代謝機能を高める効果があるので飲むと肝臓に脂肪が蓄積されにくくなります。それで脂肪肝を改善していく事が出来ます。

・食べ過ぎを防いでくれる

食欲が旺盛だと食べ過ぎてしまい脂質を多く摂取してしまいます。それで肝臓に脂肪が蓄積されてしまいますが、大柴胡湯を飲むと満腹感を早く得られるようになるので食べ過ぎを防いでくれます。それで脂質の摂取量を抑える事が出来るので肝臓に脂肪が蓄積されにくくなります。

・アレルギー症状が出てしまうことがある

大柴胡湯を飲むと体質によってアレルギー症状が出てしまう可能性があります。飲んだ後に肌が痒くなったり炎症を起こしてしまう事があるのでアレルギー症状が出る副作用がある事をしっかり頭に入れておきましょう。

胆石の原因と対策

激しい腹痛をともなうこともある胆石症。その原因と対策とは? 【胆石はなぜできるのか】 体内に溜まる老廃物は胆汁に形を変えて体外に排出されますが、この胆汁が石のように固まって、排出経路である胆管や胆嚢を ...

続きを見る

脂肪肝に効く漢方薬 小柴胡湯(しょうさいことう)の効果と副作用

脂肪肝になった時に漢方薬が効果的に効くと言われているので最近では漢方薬を飲んで脂肪肝の対策をしている人が多いです。漢方薬の種類も多いですが、人気となっているのは小柴胡湯です。小柴胡湯は他の漢方薬に比べて飲みやすいと評判にもなっていますが、実際にどのような効果や副作用があるのか見ていく事にしましょう。

・肝臓の炎症を抑える

小柴胡湯は主成分がサポニンという抗酸化作用や免疫効果を高める成分になっていますが、鎮静作用もあるので飲み続けると肝臓の炎症を抑えてくれます。肝臓の炎症を抑えるられると肝機能を良くしてくれるので脂肪が蓄積されにくくなり脂肪肝を改善していく事にも繋がっていきます。

・アルコールを分解しやすくしてくれる

飲酒をした時に肝臓でアルコールを分解しますが、時間がかかってしまうと肝臓に脂肪が蓄積されてしまいます。それで脂肪肝になってしまう事もありますが、小柴胡湯は肝機能を良くしてくれるので飲む続けるとアルコールを分解しやすくしてくれます。それで肝臓に脂肪が蓄積されにくくなり脂肪肝を改善していく事にも繋がっていきます。

・胃痛の副作用が出る可能性がある

空腹時に小柴胡湯を飲んでしまうと胃に負担がかかってしまい胃痛が出てしまう可能性があります。小柴胡湯を飲む時は食後にした方がいいでしょう。

脂肪肝に効く漢方薬 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の効果と副作用

・桃核承気湯とは?

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、一般的には女性の健康トラブルに使われる漢方薬です。

女性は毎月生理がありますから、漢方で言う「血(けつ)」のめぐりが悪くなることで、不安やイライラなどの精神不安定のほか、便秘や腹痛などが起こりやすくなります。

桃核承気湯は血のめぐりを良くすることで、生理に伴う様々な不調のほか、便秘やのぼせ、目まいなどの症状を改善するとされています。

・桃核承気湯の脂肪肝への効果は

桃核承気湯は上記の通り血行を良くし、さらにホルモンバランスを整えるという効果も見込めます。
血行が良くなると代謝も上がりますから脂肪が溜まりにくくなりますし、便通が改善することでもスッキリと太りにくい体になることが見込めます。
さらに、ホルモンバランスが整うことでイライラなど精神不安による食べ過ぎを防ぐことでも、肥満防止効果があると言えますね。

・桃核承気湯の副作用とは?

桃核承気湯は一般的に重い副作用を起こすことはありませんが、甘草が配合されているため、甘草を含む他の医薬品と併用することで血圧が上がったりむくんだりするなどの「偽アルドステロン症」を発症する場合がありますので、他の医薬品との併用、または長期摂取には注意が必要です。
さらに、配合生薬の大黄には子宮収縮作用があるため、妊娠中の服用の際には医師とよく相談するようにして下さい。

脂肪肝に効く漢方薬 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の効果と副作用

痩せにくい体質に共通して言えることは、便秘がちで代謝率が下がっている状態が蔓延しています。そういった人には、防風通聖散を利用することが理想的で、脂肪を燃焼させる効果が他より優れています。便秘の改善や利尿作用を促進する防風通聖散は、肥満気味の人にピッタリです。

[防風通聖散を知る大切さ]

脂肪燃焼を行う方法にはいくつかありますが、漢方薬は全身の代謝を促す効果が長所です。市販でも手に入る存在であるため、気軽に試してみたい人へ最高です。さらに防風通聖散はひと月の仕様で5キロほど体重を減らせる内容が報告されているので、ダイエット中の人も知っておくべき情報です。防風通聖散の魅力を総合的に見れば、今すぐにでも試したい内容が把握できます。

[防風通聖散の副作用はチェックしておこう]

どんな良薬でも防風通聖散も、副作用を事前にチェックする内容が大事です。期待しすぎによる大量に服用した場合は、血圧が急上昇してしまうので、容量を守って防風通聖散を使用する条件が良心的です。それから、副作用が極端に少ないということが防風通聖散の魅力になっています。

[防風通聖散は多くの人に飲んでほしいお薬です]

効果と副作用の2点を見れば、防風通聖散は関係者一同に飲んでほしいお薬となります。また効き目が保証されていることが最大の理由です。

脂肪肝に効く漢方薬 防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)の効果と副作用

防己黄耆湯の鍵は、利尿作用を上手く活用する点です。とにかくからだの外へ排出することで、むくみやすい状況を遠ざけてくれます。

<主成分についてじっくり見ましょう>

防己黄耆湯の主成分は黄耆という植物で、からだに起こり得る痛みを軽減させる効果があります。肥満気味になればあちこちの関節が痛くなる傾向にあり、早期に漢方薬で対策を練る行動に意味があります。また下肢にむくみが見られた場合は、合併症を引き起こす可能性があるため、全身の変化を確認すべきなのです。防己黄耆湯を上手く活用できれば、脂肪肝への対策にも生かせます。

<防己黄耆湯が合致する体質とは>

漢方薬にはたくさんの種類がありますが、自分に合致するものを見つける内容が重要です。防己黄耆湯が合う体質としては、体内に毒素がこもりがちな人であり、さまざまな毒素と同時に排出することで効果を発揮します。また冷え症の方にも飲んでほしい漢方薬であるため、防己黄耆湯は内臓肥満による冷えの解消に役立ちます。

<防己黄耆湯の副作用に注意しよう>

非常に優秀な防己黄耆湯ですが、副作用には注意を払うべきです。服用中に眠気が来たりすれば、生活へ支障が出る可能性があるので、様子を見ながらの服用が適しています。

 

肝臓と漢方薬

1、肝臓について

肝臓は人間の生活や活動に様々な影響を及ぼす大切な臓器です。食べ物の分解酵素やホルモンや身体全体の調子を整える重要な役割を担っております。その肝臓は生活習慣や食事習慣の影響を多大に受けます。

そのためアルコールの過剰摂取や暴飲暴食が続くと肝臓にもダメージが蓄積されます。高脂血症や肥満などで、血液中の脂肪の割合が増えていったり、アルコールによるアセトアルデヒドなどの増加により、肝臓の機能に大きな障害を与えます。

2、脂肪肝について

肝臓は生活習慣や食事習慣の影響を強く受けます。肥満や運動不足によってもまた肝臓に負担が強くかかります。血管内の脂肪や食事の過剰摂取による代謝不足による酵素の不活性化で肝臓自体に脂肪が蓄積されていきます。

慢性の肝硬変などは自覚症状が出る事がなかなか無く気付いた時には、症状が進行している事があるので定期的な検診など受ける事が大事になって来ます。

3、漢方について

肝臓の機能を助けてくれる漢方がいくつかあり、有効に使って行くと健康の向上に繋がります。その一つを紹介します。

①大柴胡湯

漢方は幾つかの生薬が配合されて、作用は穏やかですが、様々な効用が期待できます。大柴胡湯も肝臓の代謝を助けてくれる作用があり、脂肪の分解を促してくれます。また不眠や便秘などにも効果が期待できます。運動や食事改善と併用して服用すると、肝臓の機能改善がよりいっそう高まります。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善する薬・成分

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.