脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

しじみサプリの肝臓への効果としじみエキスの栄養素は亜鉛

投稿日:

しじみエキスの効果と栄養成分

[オルニチン以外の効果を知っておこう]

しじみと言えば巷ではオルニチンが有名でありますが、女性の貧血を解消してくれるメリットまで含まれます。それは肝臓を保護する役割を持ち合わせており、鉄分が豊富に備わっています。またお酒を頻繁に飲む人は肝臓への労わりを大事にする必要があるので、しじみにおける相乗効果へ期待を注ぐ行動が肝心です。

[栄養の宝庫であるしじみは現代人には必須です]

味噌汁の中にしじみを入れるだけで、うまみ成分の他に豊富な栄養素が確保できます。からだを温める効果が全身の血流を促進させる内容へつながり、結果としてよい方向が出ていきます。また疲労回復にしじみが適している意見が注目されていて、二日酔いの予防までフォローしてくれます。健康的な暮らしを心がけるなら、国産で粒が大きいしじみがおすすめです。

[エキスを錠剤に込めたサプリメントの実態]

しじみエキスを凝縮させた錠剤タイプは、サプリメントとして大きな注目を集めています。肝臓を中心に内臓への効果が証明されているので、健康に対して大きな成果が残せます。オルニチン以外の要素までしっかり見届ければ、しじみがすごい成分をふんだんに含んでいるという要素がわかってきます。

しじみエキスの副作用

現代人の健康を支えるしじみには、副作用が存在しており、関わり方に十分注意することが大事です。

[鉄分の含有量に注意してください]

肝臓が人より弱い人にとって、しじみを多量に摂取すれば負担が大きくなってしまいます。鉄分が貯蓄された肝臓への働きが活発になりすぎれば、鉄のさびに似た現象が引き起こされ、最終的に肝硬変を引き起こす要素が出ていきます。錆びる時間は個人差がありますが、しじみの摂取方法に関しては十分な注意を促していくことが大切です。肝硬変に一度でもなったことがある場合は、ひと月当たり数回に留めるなど自分なりに工夫を凝らしていく点が必要です。

[オルニチンにおける副作用とは]

しじみで一番評価されているオルニチンにも、副作用は存在しています。オルニチンは内臓へ活発に働きかける要素があるため、過剰摂取は腹痛を引き起こす可能性が含まれます。健康になりたいという気持ちから、集中的に摂取することはなるべく控える意識が実は大切です。

[しじみと上手に付き合うことが一番]

結論から言えば、しじみは我々にとってプラスである要素が満載です。そのため日々の食生活において、一番よいものと一緒に摂取することが最適です。

しじみサプリの効果的な飲み方、飲むタイミング

しじみサプリはダイエット、二日酔い防止、疲労回復などに効果があるので年齢を重ねてくると飲み続けるようになります。しかししじみサプリの効果的な飲み方がよく分からないという人も少なくないでしょう。そこでしじみサプリの効果的な飲み方を解説していきましょう。

・ダイエットをしている時は運動をする前に飲む

しじみサプリは基礎代謝を挙げて脂肪燃焼を高めてくれる働きがあります。それでダイエットをしている時は運動をする前に飲むと効果的です。運動する前にしじみサプリを飲むと脂肪燃焼効果が高まるのでウォーキングなど軽い運動を短時間するだけでも効率良く脂肪を落としていく事が出来ます。

・二日酔い防止が目的の飲酒前に飲む

しじみサプリはアルコールの分解を促してくれるので二日酔い防止をする時は飲酒をした後に飲んでしまう人が多いです。しかし飲酒前にしじみサプリを飲んでおくとアルコールの分解が早くなって飲酒後の酔いが軽減されます。それで二日酔いになるのを防ぐ事が出来るので効果的です。

・疲労回復が目的の時は寝る前に飲む

しじみサプリは成長ホルモンの分泌を促してくれるので寝る前に飲むと効果的です。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので寝る前に飲んでおけば分泌量が多くなって疲労回復の効果を実感する事が出来ます。

しじみは肝臓にいい?悪い?

・しじみは肝臓にいい?

しじみにはタウリン、オルニチンが多く含まれていて、生きた肝臓薬と言われるほどしじみは肝臓機能を修復、活性化させる効果があります。そしてこのタウリンには肝臓で胆汁酸の分泌を促す作用があり、胆汁酸はコレステロールを排出してくれるからタウリンを摂取することで血液中のコレステロール値を減少し肝臓の解毒作用を活発にしてくれる効果が期待できます。さらにオルニチンには肝臓の働きをサポート、疲労回復効果があると言われています。だからしじみは基本的には肝臓にいいと言えます。

・しじみは肝臓に悪い?

ですが慢性肝炎、肝硬変の人は肝臓にいいと言われているしじみを摂取するのは逆効果となってしまいます。肝臓には血液の材料である鉄分が蓄積されていますが肝脂肪、肝炎になると鉄分が異常に増えて活性酸素が大量に発生してしまうのでしじみを摂取すると症状がさらに悪化してしまいます。だから肝臓機能に問題がある人はしじみは体に悪いと言えます。

・肝臓の調子が悪い人はしじみを食べない方がいいのか

肝臓の病気でなくても最近肝臓の調子が悪いと言う人はしじみは食べない方がいいのか?と言えばそんなことはありません。しじみで注意しないといけないのはしじみそのモノではなくしじみエキスを濃縮した健康食品やサプリメントです。ですが肝臓は沈黙の臓器と呼ばれて不調が出にくパーツなので調子が悪い時は出来るだけ早く病院に行くことをお勧めします。

しじみエキスをサプリをおすすめできる人、できない人

しじみサプリは肝機能を改善する効果が期待出来るので二日酔い防止を目的で飲む続ける人が多いです。日常生活の中でお酒を飲む事も多いのでしじみサプリの需要も高まってきています。しかししじみサプリを飲むのにおすすめ出来る人と出来ない人がいるのでしっかり確認していきましょう。

・毎日お酒を飲む人はおすすめ

お酒が好きな人は自宅や居酒屋などで毎日飲んでしまうでしょう。毎日お酒を飲んでしまうと酔いが覚めていないまま再びお酒を飲んでしまう事もあるので肝臓に負担がかかってしまいます。それで肝機能に異常が発生してしまう事が多いので毎日お酒を飲む人は肝機能を改善する効果が期待出来るしじみサプリを飲むのがおすすめです。

・疲れが溜まりやすい人はおすすめ

規則正しい時間に睡眠を取っていても起きた時に疲れが溜まっている人も多いでしょう。それで昼間も体が重く感じてしまい日常生活の中で支障が出てしまう事もあります。そこでしじみサプリを飲むと疲れの要因となっているアンモニアを分解してくれるので疲れが取れやすくなります。疲れが溜まりやすい人もしじみサプリを飲むのがおすすめです。

・肝臓に疾患がある人は飲んではいけない

しじみサプリは肝機能を改善してくる効果が期待出来ますが、肝臓病など肝臓に疾患がある時に飲んでしまうと肝細胞が酸化して逆に肝機能が低下してしまう可能性があります。肝臓に疾患がある人はしじみサプリを飲まないようにしましょう。

楽天市場で人気のしじみサプリ3つ

・やずや にんにくしじみ

楽天市場で人気のしじみサプリ3つ紹介していきます。まず最初にお勧めしたいのがやずやのにんにくしじみでしじみの他にニンニク卵黄と牡蠣が原料に使用されている商品です。だからこのサプリ1つで肝臓機能の向上、二日酔いの予防だけではなく疲労回復、ストレス緩和、腸内環境をスッキリさせる効果も期待できます。にんにくしじみには栄養素が豊富に含まれているので健康になりたい人にお勧めと言えます。

・ヘルシーライフ しみじみしじみ

純粋にしじみだけを摂取したいという人にお勧めの商品はヘルシーライフのしみじみしじみでしじみをたっぷりと配合したサプリメントです。1袋360粒にしじみ150000個分含有していてオルニチンの含有量は業界トップクラスと言えます。オルニチンは健康、ダイエット、エイジングケアをサポートしてくれる働きがあり、他にも鉄分、カルシウム、ビタミン、グリコーゲンを多く含んでいます。

・オーガランド しじみエキス粒

オーガランドのしじみエキス粒は6ヵ月分で2570円と非常にコスパがいいのが特徴でお酒を飲む人には是非とも試して欲しい商品と言えます。しじみエキスとはしじみを煮出して凝縮させたエキスでしじみの栄養素をたっぷりと含んでいます。摂取目安は1日2粒から3粒なので飲みやすいのでお勧めです。

amazonで人気のしじみサプリ3つ

しじみサプリはお酒を飲む機会が多い人の肝臓をサポートしてくれたり、体力づくりにも有効です。数多くあるしじみサプリの中から、amazonで人気のしじみサプリを3つご紹介しましょう。

【ファイン しじみウコン肝臓エキス 630mg×90粒】

1袋にしじみ約127個分のエキスが配合されています。国産の豚レバーを使用した肝臓水解物をはじめ、国産のしじみエキスやクルクミン、オルニチンや亜鉛も配合されており、飲酒による肝臓への負担の軽減だけでなく、体力増強にも効果的。日々の疲れがなかなかとれない人は試してみては?

【小林製薬の栄養補助食品 肝臓エキスオルニチン 120粒 約30日分】

1日の目安量4粒あたりしじみ900個分のオルニチンが配合されています。最近、飲むと必ず二日酔いになる人や飲み会が続く時などにおすすめです。

【DHC オルニチン 20日分 100粒】

1日の目安量5粒あたりにしじみ約2,300個分のオルニチン塩酸塩1.280mgが配合されています。他にも必須アミノ酸であるリジンやオルニチンの作用を強化するアルギニンも配合。トリプルアミノ酸パワーで肝臓の働きを助けてくれます。毎日の元気のためにも。

しじみ、あさり、はまぐりの亜鉛含有量を比較

*肝臓に良い栄養素、亜鉛

肝臓に良い栄養素と言えば亜鉛ですね。これは、亜鉛が細胞分裂に深く関わる栄養素だから。
肝臓はダメージを受けたときに自ら回復するという自己再生機能を持っている臓器ですが、その回復の際にも亜鉛が必要になってくるのです。
そして亜鉛が多く含まれている食べ物の代表格と言えば、しじみやあさり、はまぐりなどの貝類ですね。これらの亜鉛含有量にはそれぞれ差はあるのでしょうか?

*しじみ・あさり・はまぐりの亜鉛含有量は?

しじみ・あさり・はまぐりの亜鉛含有量は、それぞれ100g当たり、しじみが2.1mg、あさりは1.0mg、はまぐりは1.7mgですね。
一般的に肝臓に良いのはしじみと言うイメージが強いですが、亜鉛の含有量から言っても確かに貝類の中ではしじみが優れていると言うことが出来るでしょう。
さらに、

*亜鉛を摂るにはしじみがいいの?

だったら、肝臓の為に亜鉛を摂るにはしじみの味噌汁を毎日飲めば良いんじゃないの?と思うかもしれませんね。
もちろんしじみも良いのですが、あさりもしじみと比べて亜鉛含有量は少ないものの、酒蒸しにしたりパスタに入れたりピラフに入れたり…と、レシピの幅が広いのがメリットですね。
ですので、しじみにこだわらずにあさりも上手に取り入れていくのが、結局亜鉛をコンスタントに摂るコツだと言えそうですね。

しじみの味噌汁はインスタントでも効果はあるのか。理由は

インスタントで販売されているしじみの効果は、中に入っているしじみ自体を見る行動が重要です。

<殻付きのしじみが入っていることを確認しよう>

手軽に調理ができるインスタント味噌汁で人気があるしじみは、独特のダシが利いていて二日酔いには最高です。しじみが好きな人において、肝心の効き目がどれくらいあるかを把握すれば、たとえインスタントでも満足がいく結果が反映されます。

殻付きのしじみが封入されているものは他より高額な傾向ですが、栄養学的に言えば十分なエキスが凝縮されています。発酵されたオルニチンは肝臓の働きを促進させる効果があるので、塩分までカットされたタイプと一緒に摂取することが賢い方法です。

<厳選されたものを選ぶようにしよう>

インスタントのしじみ味噌汁は、結論を言えば厳選されたものを選べば効果があります。1杯あたり約15mg摂取することが理想であるため、しじみが扱いやすい環境をまず取り入れることが大切です。

<しじみの味噌汁は風邪予防になります>

じしみは滋養強壮の効果が発揮されることが分かっており、風邪の時期には予防策として好まれます。ビタミン及びミネラルまで摂取すれば、インスタントとしては合格点です。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善サプリ

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.