脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

脂肪肝の治療に使われる薬はウルソ!肝臓への効果と市販薬の注意点

更新日:

二日酔いとアルコールにウルソは効果あるのか

二日酔いにウルソがよく効くと最近、注目されています。二日酔いの原因はアセトアルデヒドで、毒性の物質になります。お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解し、発生するのがアセトアルデヒドです。

肝臓は代謝するためにエネルギーを使います。代謝しきれないアセトアルデヒドが体内に残ると二日酔いの原因となります。頭痛、吐き気、だるさ等、二日酔いの症状はエネルギー不足からおきます。

辛いときは安静が一番、ですがなる前に予防できたら?そこでウルソが登場します。
お酒を飲む前にウルソを飲んでおくと肝機能を高め、お酒が残りにくくなる。
ウルソはウルソデオキシコール酸と言います。

胆汁の流れをよくし、肝臓を守り、肝機能改善という作用があります。
二日酔いを防ぐのに重要なのが水分補給です。
お酒を飲むと喉が渇いたり、トイレが近くなります。
脱水状態になると血液は濃くなり、アセトアルデヒドが高くなります。

そうなると代謝機能が低下、二日酔いになりやすくなります。
水を飲むのは大事なことです。

空腹の状態で飲まない事も関係があります。
高たんぱく質の食材を一緒に取ります。
チーズや豆類に含まれるたんぱく質は肝臓を活性化させる効果があります。
ウルソ配合の市販薬を上手に使い、辛い二日酔いとサヨナラしましょう。

 

胆石にも使われるウルソ効果

ウルソは、肝臓疾患に使用される薬ですが、胆石治療にも効果が認められるため、胆石患者さんに処方されることも多くあります。
ウルソの主成分であるウルソデオキシコール酸は、もともと肝臓のお薬ですので、胆汁を流れやすくし、肝細胞を保護、肝機能を改善してくれるため、消化不良に効果を発揮します。

胆石は、ほとんどの場合、胆汁が固まってしまい、石化することでできるのですが、コレステロールが高いことが原因で、胆石が出来てしまうことが多くあります。
ウルソは、このコレステロール系の胆石を溶かすのに、効果があるのです。
ただし、胆石の表面が石灰化してしまっている場合や、コレステロール系の胆石以外の場合は、効果が認められません。

胆石の場合、まだ固まり切っていない泥状の状態で発見されることもありますが、この場合も、ウルソで症状を改善することが可能です。
コレステロール系胆石の改善のために服用する場合は、1日につき600mgを、朝昼晩の三回に分けて服用します。

薬だけで治療する場合は、最低でも、半年から2年程度は飲み続ける必要があります。
また、エコー検査で胆石が解け切ったように見えても、食生活等が変わらなければ、再発する可能性は非常に高いので、ウルソは高齢で手術できない患者さんに、あくまで対症的処方されることが多いようです。
同じ成分の薬に、スパカールがあり、ジェネリック薬品も存在することを追記しておきます。

 

犬にも使われるウルソの効果

ウルソは肝臓病を患っている犬にも使われているようです。ですが、犬は薬に関してデリケートで効き目はそれぞれなので確実とは言い難いといえばその通りです。

人の場合はウルソを通常600mlほど摂取するのに比べて、犬は体重をもとに摂取量を定めますが基本的には人間の摂取量より多く摂取します。安全性はとても高いからこそ多量摂取が行えます。実際にウルソを摂取した犬たちが副作用を訴えるケースはほぼ皆無に近いということが実証されています。

ですが、ウルソは「あまり効かない薬」とも言われています。ウルソは実際にはあまり価値のない薬とも言われていてとりあえずウルソを使っておこうという医師の見解も含めてウルソが使われているのです。

また、味の点でも決して美味しいわけではなく効力も確実ではないのでかえってストレスを溜め込んでしまい、薬のコスト含め全てが損で終わってしまう可能性も多く考えられます。ウルソを使った犬の飼い主の方も「服用したが大した変化を感じることはできなかった」と言っており、プラス要素がない場合は1ヶ月程度様子をみて中止するのが良いようです。そして、犬がストレスを溜め込まず継続して服用することのできる薬を改めて探すことをオススメします。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善する薬・成分

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2020 All Rights Reserved.