脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

アルコールが抜けない原因と対策!年齢のせいだけじゃない

更新日:

【同じ量なのになぜ?アルコールが抜けない原因と対策】

若い時には接待や家飲みなどで心地良く飲めていたアルコール。年を取ってからは飲んだ翌日にアルコールが抜けなくて、むしろ不快感の方が大きいと感じる人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

アルコールが抜けにくくなる原因

年を取ってアルコールが抜けにくくなる原因は、主に血中のアルコール濃度が高くなることが原因と言われています。これは年齢を重ねるに連れて体内の水分量が減ってくることと、運動不足や食生活の乱れなどから水分よりも脂肪が増えてくるという事が原因です。

アルコールは水分には溶けやすいのですが、脂肪には溶けにくいといった性質があります。

年を取って水分よりも脂肪の方が多くなってしまった状態ですと、同じ量のアルコールを飲んだとしてもどうしても血中アルコール濃度は高くなってしまうのです。

また、年を取る事によって胃の粘膜も老化してしまい、アルコールを分解する酵素が減ってしまう事でそれまで胃で分解されていたアルコールが分解されにくくなる事も原因の1つとなっています。

お酒に強くなる方法!弱い原因とすぐ赤くなる対策

お酒に弱い原因 (お酒に弱い原因) お酒に弱い原因は、肝臓の働きと関係があります。アルコールを摂取すると、肝臓の働きによってアルコールを分解し、アセトアルデヒドになります。この分解によって生成された成 ...

続きを見る

年齢に応じたアルコール対策

対策としては脂肪の量を減らす事、すなわち適度な運動を心がける事とコンスタントに水分を補給する事でしょう。また、胃が空っぽの状態よりは胃の中に食べ物がある状態の方が消化酵素が働きますので、空腹時の飲食は控える事もポイントとなります。

酒が抜けない年齢、年代ごとの違い

(酒が抜けない年齢や年代の違い)

年齢を重ねる毎に、分解する酵素が減少するため、アルコールが抜けなくなります。
年齢や年代で見ると、60代を超えた辺りからさが抜けなくなったと実感し始め、65歳を超えると肝機能や代謝能力などの低下から、アルコール分解能力が落ちます。

その為、若い世代に比べると血中アルコール濃度が上昇しやすくなり、酒に酔いやすく抜けるまで時間がかかるようになります。
また、飲酒は20歳からとなっているのは、成長に与える影響があるからですが、10代はアルコール分解能力が低いという点もあります。

(年齢だけではない違い)

酒が抜けないという部分は、年齢や年代だけではなく体重や体質、性別なども関係していて女性の方が酒に弱いと言われています。
しかし、個人差があるため女性でもアルコール分解が早く血中アルコール濃度が下がる為、二日酔いにならない人もいます。

(酒が抜けない年齢になったら)

歳を重ねる度に酒が抜けなくなったら、肝機能をケアすることも大切です。
肝臓にいいとされるのは、シジミなどに含まれるオルニチンが有名ですが、アルコールを分解する働きがあるので、加齢と共に酒が抜けなくなったら特に摂取がおすすめです。
しかし、シジミから効率的にオルニチンを摂取するのは大変なので、サプリなどを利用するのが効率的な摂取方法です。

アルコールへのDHAの効果

アルコール過剰摂取による病気

多くの人がお酒を飲みますよね。それが飲みに誘われたり、ストレス解消にせよお酒はとても気分を良くしてくれます。しかしこのお酒を大量に飲むつまりアルコールの過剰摂取は体にとってはとても良くないことです。アルコールの過剰摂取により高血圧になったりアルコール性脂肪肝になってしまいます。両方とも聞いたことがあるとは思いますが、下手をすると命に関わる大変な病気です。ではこの2つにならないためにはどうすればいいのでしょうか。

DHAはアルコールの効果を抑えてくれる

お酒を飲まないことが一番の方法なのですが、それができれば苦労しないという方も多いと思います。そこでおすすめなのは青魚などに含まれるDHAをお酒と一緒に食べることです。DHAは脂肪分を分解してくれる役割を持っています。これは肝臓だろうが血液中だろうがどこでも分解してくれます。なのでアルコール性脂肪肝を防ぐことができますし、血液もサラサラになるので高血圧にも効果があります。

どうやってDHAを取るか

先程も言った通りDHAは主に青魚に含まれているのですが、これはいつ食べてどれくらいのペースで食べればいいのかと思うでしょう。食べるのはお酒を飲むときに一緒に食べると効果が大きくなります。さらにお酒を飲むペースに合わせて食べればいいと思います。もし魚が嫌いという方などはサプリメントで摂取することもおすすめします。お酒で大きな病気にならないためにもしっかりとDHAを摂取していってください。

おすすめDHAサプリに「きなり」があります。魚くささがなく効果が最大化する配合がされています。

DHAサプリきなりの口コミ!コレステロールと肝臓への効果

健康診断で要注意と診断されたら、ぜひ飲み始めたいのが「きなり」です。 DHAサプリの中でもとくに注目の商品で、業界最高レベルのDHAとEPAが摂取できると話題です。 >>>DHAサプリメント 【きなり ...

続きを見る

 

アルコールが抜けにくくなる原因

若い時分はいくらお酒を飲んでも翌日はケロッとして元気に働ける事が多かったのですが、年齢を重ねるにつれてアルコールが抜けにくくなって翌日がきつくなる人が多いですね。所謂年齢による肝機能の低下が原因と言えるでしょう。

肝機能が低下するという事はアルコールの分解力も弱くなって血中に毒性のあるアセトアルデヒドが残りやすくなって心拍数が上がったり、皮膚が赤くなったり二日酔いや悪酔いの原因となってしまいます。

最近お酒が弱くなった。アルコールが抜けにくくなった。何もしていないのに疲れて仕方ないという人は肝機能が低下してきているので注意が必要です。肝臓は沈黙の臓器と言われる臓器なので痛み等の症状で現れる事が少ないので知らず知らずの内に年月をかけて負担をかけてしまっているので症状がないからと言って日頃から肝臓に負担をかけるような暴飲暴食は控えるべきと言えるでしょう。

肝臓に関しては悪くなってきてからでは遅いので肝機能が低下してきているからこそ普段のケアを徹底する必要があります。毎日飲んでいた人も休肝日を設けたり、肝機能を上げてくれるようなサプリメントを日頃から摂取するのもいいでしょう。

お酒は適量ならストレス解消になりますし、体にも良いので年と共にお酒とのつきあい方も上手く変えていく方が良策と言えますね。

次の日疲れが取れない!サプリで疲労回復する方法

年齢を重ねてくると体力が低下してくるので次の日になっても疲れが取れなくなる事も多くなってきます。それにより体が重く感じてしまう日が続いてしまうので仕事などにも影響してきます。 しかし日常生活の中で次の ...

続きを見る

血中アルコール濃度を下げる方法

血中アルコール濃度は飲酒してアルコールが吸収された時の血中の濃度で下がる事で酔いが冷めてきます。そこで血中アルコール濃度を下げるにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

・塩分を含んだ飲み物を飲む

飲酒をした後に酔いを冷ますために緑茶などサッパリした飲み物を飲む人が多いですが、塩分などが含まれていないのであまり効果が出ない事が多いです。血中アルコール濃度を下げるには塩分を含んだ飲み物を飲むと効果的です。

・しじみの味噌汁を飲む

しじみは吸収されたアルコールを早く分解するのを促進してくれるので味噌汁に入れて飲むと血中アルコール濃度を下げる事が可能です。日常生活の中で飲酒をした後の食事でしじみの味噌汁を飲むようにしてみるといいでしょう。

・トマトを食べる

トマトは体に必要な栄養素が多く含まれている野菜の一つですが、血中アルコール濃度を下げる効果も期待出来ます。特に生トマトで食べると血中アルコール濃度を下げる効果も高くなります。日常生活の中で飲酒をした後の食事で生トマトを食べるようにしてみるといいでしょう。

血中アルコール濃度を下げる方法はこのようにあるので日常生活の中で飲酒をした後に実践してみるといいでしょう。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝コラム

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.