脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

二日酔いの味方!脂肪肝の市販薬ミラグレーン錠の効果的な飲み方と副作用

更新日:

お酒を飲む前にミラグレーンを飲んだ方がいいと言われていますが、実際に飲むとどのような効果が得られるのか。医薬品であるため副作用についても解説します。

ミラグレーンの脂肪肝や二日酔いへの効果

 

・二日酔いを防ぐ事が出来る

お酒を飲み過ぎてしまうと肝臓に負担がかかってしまいアルコールを分解し切れなくて二日酔いになってしまう事がよくあります。

しかし、ミラグレーンは肝機能を強化して解毒作用を高めていく事が出来るのでアルコールをしっかり分解されるようになります。それにより二日酔いを防ぐ効果を得る事が出来ます。

飲み過ぎてツライ!二日酔いに効く食べ物飲み物

お酒を飲みすぎて辛いという人には、様々な対策方法があります。飲みすぎて心身ともに辛いという場合には、すぐに対処できるものとしてはジュースを飲むことが挙げられます。 二日酔いになる前に酔いを覚ます オレ ...

続きを見る

・脂肪肝を改善する事が出来る

ファーストフードなど脂質や添加物が多く含まれている食事をしていたり飲酒の量が多くなってしまうと肝臓に脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

肝臓の3分の1以上に脂肪が蓄積された状態を脂肪肝と呼んでいて肝硬変や肝臓がんのリスクが高まってしまいます。

しかしミラグレーンは肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ成分が豊富に含まれているので脂肪肝を改善していく事が出来ます。お酒を飲む前にミラグレーンを飲むようにすると効果的です。

お酒を飲む前にミラグレーンを飲むとこのような効果が得られるので飲む習慣をつけておくといいでしょう。 

高いγGTPを下げる方法!100超から20にガンマGTPを下げた秘密はアミノ酸

検査結果を見ての通り数年前はγGTPも中性脂肪も高かった!完全なる脂肪肝。 それもそのはず、毎日缶ビールをロングで2本は飲んでたし塩味の濃いツマミもパクパク食べてた。そんな生活を10年以上やってたら脂 ...

続きを見る

 

ミラグレーンの副作用

二日酔いによく効くとして重宝されているミラグレーンは、基本的には安全な薬です。しかし、過剰摂取するなど、適切な飲み方をしなかった場合は、副作用が出ることもあります。

まずは、発疹やかゆみの症状です。これは、ミラグレーンに含まれるビタミンB2やナイアシンなどを、過剰摂取によって大量に摂り込むことで起こります。

多すぎるナイアシンは、胃腸にも悪影響を与えてしまいます。そのため、吐き気や嘔吐といった症状が出る場合もあるのです。胃腸の不具合は、下痢や便秘にもつながります。

また、ミラグレーンには、イノシトールという成分も含まれています。これは、肝臓による脂肪の代謝が、正常に行われるように維持してくれる成分です。しかし、過剰摂取した場合は、頭痛やめまいといった症状を引き起こしてしまいます。

ただし、イノシトールには水溶性という特徴があるため、体に蓄積される心配はありません。そのため、頭痛やめまいは一時的なもので、すぐ治まることも多いです。

これらの症状が出た場合には、すぐに飲むのをやめて、医師や薬剤師に相談する必要があります。しかし、そもそも副作用を起こさないようにするためには、正しい飲み方を守ることが大切です。

 

薬は副作用が気になるなら副作用のないサプリがおすすめです。肝臓の働きを手助けする高品質なサプリがあります。

 

ミラグレーンの飲み方(飲み合わせと飲むタイミング)

楽しい飲み会の翌日、二日酔いで1日を迎えるのはとても不快ですよね。

二日酔いの主な原因は、脱水とアセトアルデヒドが生じることです。アセトアルデヒドは、解毒する必要があります。しじみのお味噌汁やゴマなどで二日酔いを解毒する方法もありますが、必ずしも効果が出るわけではありません。

そこでオススメなのが、ミラグレーンです。ミラグレーンは薬局で購入することができます。主な副作用はなく手軽に服用できるとされていますが、過度の服用をすると体調に影響を及ぼします。

まれに発疹や痒み、めまいや頭痛などがでることがあるので量を考えて飲みましょう。ミラグレーンは過剰摂取に気をつけながら、二日酔いになる前に服用します。タイミングは、食後30分以内とされています。1日3回、一度に二錠服用しましょう。

服用後は脱水症状を防ぐために水やオレンジジュース、スポーツドリンクなどを飲むようにしてください。

またミラグレーンは肝機能をあげるのにも適しているため、飲み会が続いて肝臓が弱っているなと感じた場合は、服用すると肝機能を改善することができます。飲み会の翌日もスッキリとした朝を迎えられるように、正しく用法と用量を守って服用しましょう。

 

ミラグレーンの成分

お酒を飲む前だけでなく、飲んだ後、二日酔いになってからでも効果があるという「ミラグレーン錠」が、今お酒を飲む(職業)人の間で話題になっています。

このミラグレーン錠のすごいところは、二日酔いなどのお酒を飲むための対策としてだけではなく、すでに傷んでしまった肝臓を修復する効果があることです。

肝臓の機能を表すγGTP、この数値が健康診断で引っかかっていた人が飲酒量やペースを変えることなく、ミラグレーンを毎日1日3回2錠ずつ飲んでいたら、3か月後の検査で正常値に戻っていたという口コミもあるほどです。

飲む前や二日酔い対策に効果を発揮するの「メチオニン」「タウリン」という成分で、肝臓と膵臓でのアルコールの分解を促し、肝臓での解毒作用を高めます。
アルコールを分解するのに消費するビタミンEも多く含んでいるので、ビタミンE不足による二日酔いの倦怠感などを起こしにくくします。

肥満の人に多い、脂肪肝には「メチオニン」「イノシトール」という成分が働き、肝臓に脂肪がたまるのを抑制します。

さらに貴重な「ゴオウ(牛黄)」という成分が配合されています。このゴオウは、漢方薬としても古くから心臓や肝臓の薬として使われてきました。ゴオウ(牛黄)とは、牛3000~4000頭にたった1頭ほどにできる、胆嚢(たんのう)結石を乾燥させたものです。

この「ゴオウ」が含まれていることがミラグレーンの最大の特徴です。貴重なものなので、ミラグレーンの値段が高価なのもうなずけます。

 

ミラグレーンの脂肪肝や二日酔いへの効果

ミラグレーンは肝臓が気になる人のための第3類医薬品です。

日頃から飲酒習慣や喫煙習慣がある人、太り気味の人、肝臓の数値が悪い人は常に肝臓に負担がかかっています。

特に二日酔いの時というのは、アルコールを過剰に摂取することで肝臓はキャパシティを越えている状態なのです。

体内でアルコールを分解するときにはアセトアルデヒドと言われる物質が生じます。

アルコール分解が終わって酔いが醒めても頭痛のような二日酔いが残るのは、アセトアルデヒドが解毒されないことが原因です。このアセトアルデヒドの解毒を助けるのがミラグレーンの効果なのです。

ミラグレーンには肝臓を強化するゴオウやタウリンなど6種類の成分と、代謝を高めて肝臓の負担を軽くするための成分を配合している医薬品です。

二日酔いになる人というのは最初から量を決めて飲むのが一番ですが、付き合いで飲むなどそうはいかない時もあります。

飲みすぎる可能性のある飲み会の前後に飲んでおくことで、二日酔いの症状をいつもより抑えることができます。

医薬品としての服用量は1回あたり2錠、1日3回食後となっていますので、二日酔いを抑えるためには、夜に2錠、翌朝に2錠と摂ることで効果にも期待ができます。

ただし医薬品ですので常用するというよりは、二日酔いの予防措置として非常用に持っておくと安心です。

肝臓の薬にはミラグレーン以外にウルソがあります。

脂肪肝の治療に使われる薬はウルソ!肝臓への効果と市販薬の注意点

脂肪肝の治療をするとき、使用される薬にはどんなものがあるでしょう?また、その薬の効果や副作用も気になりますね。 ウルソは、脂肪肝に効果が期待されていますが、実際効果があるのでしょうか?医師によっては、 ...

続きを見る

 

副作用のない薬はない

ミラグレーンが比較的安全な市販薬とはいえ、副作用は必ずあります。

薬は副作用が気になるなら副作用のないサプリがおすすめです。肝臓の働きを手助けする高品質なサプリがあります。

国産の天然食品由来サプリメントがおすすめです。

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善する薬・成分

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.