脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

脂肪肝に効く人気のDHAサプリ3つ!DHA・EPAの肝臓効果と副作用

更新日:

ここでは人気の高いDHAサプリメントを3つご紹介します。

大正製薬の「大正DHA・EPA」

一つ目は製薬会社としても聞き覚えがあり安心感のある大正製薬の「大正DHA、EPA」です。

通販での販売となっており、価格と成分の含有具合などのバランスが高い評価を得ています。

サプリメントの酸化を防げるように、一回飲み切りの個別包装になっており「非常に便利で考えられている」と人気が高いポイントとなっています。

1日あたりの目安量でDHA400mg、EPA200mg含まれています。

30袋(30日分)4,320円とやや高価ですが製薬会社の商品という安心感があります。

「EPA×DHAナットウキナーゼ」(アサヒディアナチュラ)

二つ目はオレンジのカラーでお馴染みのアサヒディアナチュラから発売されている「EPA×DHAナットウキナーゼ」です。こちらはドラッグストアなどでの販売で、手に入りやすいメリットがあります。

コスパ良し効果良しとして人気の高い商品です。成分の含有量は厚生労働省の推奨する1000㎎の半分の514㎎となっています。

1日あたりの目安量でDHA154mg、EPA360mgです。

240粒入り(60日分)2,484円、80粒入り(20日分)918円。

DHCの「DHA」

最後はDHCから発売されている「DHA」です。DHA成分のみの含有量はドラッグストアで購入できる数あるサプリメントの中でもトップクラスとなっています。

DHAというと「魚」が原料の成分であるため、生臭さが心配な方もいるかと思いますが、匂いなどはなく飲みやすいので安心です。どの商品もそれほど高額でなく、飲みやすいように工夫されたものばかりのようです。

1日あたりの目安量でDHA510mg、EPA110mgです。

120粒(30日分)1,286円。

DHAサプリきなりの口コミ!コレステロールと肝臓への効果

健康診断で要注意と診断されたら、ぜひ飲み始めたいのが「きなり」です。 DHAサプリの中でもとくに注目の商品で、業界最高レベルのDHAとEPAが摂取できると話題です。 >>>DHAサプリメント 【きなり ...

続きを見る

DHA・EPAの効果3つ

青魚などにDHA・EPAという成分が含まれていて健康面で大きな効果が期待出来ると言われています。それでDHA・EPAを摂取するために青魚を食べる人が増えてきていますが、実際にどのような効果があるのか分からない人も少なくないでしょう。そこでDHA・EPAはどのような効果があるのか見ていく事にしましょう。

・中性脂肪やコレステロールの値を下げてくれる

年齢を重ねてくると体に脂肪が蓄積されてきて血液中の中性脂肪やコレステロールの値が上がってきてしまいます。しかしDHA・EPAを摂取すると血液をサラサラにしてくれるので血液中の中性脂肪やコレステロールの値を下げてくれます。それにより全身に必要な栄養素が行き渡るようになります。

・血管系の病気を予防してくれる

血液中の中性脂肪やコレステロールの値が上がると血液もドロドロになっているので血管が詰まってしまう可能性があります。それで動脈硬化など血管系の病気になってしまう事があります。しかしDHA・EPAを摂取すると血液をサラサラにしてくれるので血管が詰まるのを防いでくれます。それにより血管系の病気を予防してくれます。

・肌の状態を整えてくれる

DHA・EPAを摂取して血液がサラサラになると肌にも必要な栄養素が行き渡りやすくなります。それで肌の水分量が不足してしまう事がなくなるので乾燥肌などを改善する事が出来ます。

DHAを多く含む食品

DHAを多く含むものを知るなら、魚を普段の生活へ取り入れて行くことが不可欠です。

[基本は魚料理であることを認識しましょう]

DHAが多い食品の最大の魅力は、コレステロールの減少を促進する点です。身近な食材としては、魚が一般的となり、肉とは異なる脂の部分の栄養が効果てき面です。特に寿司ネタでおなじみのマグロは、脂肪が多い魚のひとつであり、日常生活で取り入れることが健康への近道です。

[一日の摂取目標をよく見ておこう]

一日に摂取すべき目標を確認すれば、ものすごい量であることがわかります。魚を中心にして摂取することが大事ですが、缶詰を利用したレシピを採用することでバリエーションを簡単に増やすことができます。魚をまるごと食べることが厳しい人も、缶詰を上手に活用できれば理想的なDHAの摂取量に近づけます。老夫婦の食生活を例にとれば、いわしやサバなどの青魚の缶詰を毎食一回は採用することが重要です。

[子供に魚を食べさせる習慣を持たせよう]

子供が魚がどうしても苦手である親は、フレーク状にしてふりかけで食べさせることが良いアイデアです。青魚の生臭さを敬遠する傾向がありますが、DHAを多く含んでいる内容を参照すれば、若いうちから摂取する習慣が大事になります。

DHAと合わせてとりたい他の食品・成分

<魚が苦手である人のDHA摂取法>

魚にDHAが多く含まれることは有名な話ですが、調理の大変さや生臭さにより苦手な人がいます。そこで魚以外で摂取できるものに関心を寄せれば、同等の内容に期待が持てます。肉類に一部含まれていることから、バランスよく摂取していければ成人が欲するDHAが何とかクリアできます。

ここでオススメしたい内容は、フレーク状にした魚と魚肉ソーセージです。両方とも子供が好きな食材であり、レシピに上手に織り込ませればDHAが徐々に増えます。食べ合わせを工夫することで、DHAは簡単に摂取できる環境が叶います。

<一緒に摂取すれば効果が倍増になる成分>

DHAと合わせて摂取する最高のパートナーとしては、ルテインというものがあります。目の健康をキープする内容が主ですが、最近は脳の活性化やアレルギーの緩和まで確認されています。DHAは元から脳によい成分が満載であることが分かっており、ルテインと一緒に摂取することで3倍の効果まで伸ばせます。

<高齢者が関心を持つべき内容>

健康に人一倍注意していくべき高齢者は、DHAが豊富なサプリメントに関心を持つことが大切です。最近注目されているクリルオイルは、サプリメントでも気軽に摂取が可能です。

DHA・EPAの違い

生涯において健康でいたいならば、DHAとEPAの効果をしっかり学ぶことが大切です。

[DHAとEPAの決定的な違いとは]

EPAが先に発見され、当時は血液にとって最良な効果があるという時代でした。健康的でかつ長生きができる内容は、セレブたちも切望する願いであり、こうした研究が現在の継続されています。EPAが発見されてから約20年後にDHAと呼ばれる認知症対策に効果的な方法が判明し、現在は双方のメリットを生かした対策が行われています。まとめると、DHAは脳の活性化に役立ち、EPAは血流の促進に効果があるということになります。

[年代別に両者のメリットを見ておこう]

どちらも大切な内容ですが、DHAは思春期の子供や高齢者に摂取してほしい要素が満載です。脳は心の持ちようまで形成する大事な器官であるため、特に成長期はDHAが不可欠となります。一方EPAは老化を気にする年代にぴったりな内容が含まれ、全身の血流をよくすることで若々しさが引き立ちます。成人の健康はどちらかと言えばEPAが大事な要素となってきます。

[上手に摂取する努力が大切です]

健康を維持していくには、DHAとEPA2つの摂取が大事な事柄です。バランスよく摂取すれば、健康的な生活が現実になるわけです。

DHAサプリきなりの口コミ!コレステロールと肝臓への効果

健康診断で要注意と診断されたら、ぜひ飲み始めたいのが「きなり」です。 DHAサプリの中でもとくに注目の商品で、業界最高レベルのDHAとEPAが摂取できると話題です。 >>>DHAサプリメント 【きなり ...

続きを見る

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善サプリ

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.