脂肪肝を改善

脂肪肝サプリ3つのポイント!肝臓への効果順ランキング

脂肪肝の人が飲んではいけないサプリメント!理由は鉄

更新日:

肝臓に脂肪がついてしまった脂肪肝。3%~5%の脂肪は健康な肝臓にもついていますが、5%を超えると「脂肪肝」と言われます。
そして、脂肪肝をはじめとする肝臓が弱っている方が注意すべき栄養素は「鉄分」です。

【脂肪肝と鉄分の関係】

体内の鉄分の70%は酸素を体中に運んでくれたり細胞を活性化させてくれたりと人間の身体に必要な働きをしてくれます。これを「機能鉄」と呼びます。残りの30%は70%の機能鉄が減ってきた時に働く予備軍として体内に蓄えられているのです。

ところが、脂肪肝を患うとこの30%の鉄分を貯えようとする力が高まってしまうのです。そして、鉄分が過剰に貯えられることで活性酸素が大量に発生し、周囲の細胞を酸化させ肝臓の機能を低下させてしまうのです。
細胞だけでなく活性酸素は鉄分も酸化させてしまうことで熱が発生して炎症を起こすこともあります。これを「脂肪肝炎」と言います。

【サプリメント摂取時の注意点】

不足しがちな栄養素と言われている鉄分ですが、脂肪肝をはじめ肝臓機能が低下している方は要注意です。
様々なサプリメントに少量ずつでも鉄分が含まれている場合も摂取に要注意です。サプリメントを摂取する際は主とする栄養素だけでなく、鉄分の含有量もしっかり確認しておきましょう。

肝臓が弱っている方の鉄分の摂取量は1日6㎎以下と言われていますが、担当の医師に必ず確認しましょう。

 

 

 

脂肪肝など肝機能に難のある方が決して取ってはいけないと言われている成分があります。
それは鉄分です。
しかし、厄介なことに脂肪肝に効くとされているサプリメントにはこの鉄分がたっぷり含まれている場合が多いのです。

鉄分の過剰摂取で炎症

脂肪肝にいいサプリと評判のサプリを使っているけど、良くなる気配がないなんて方もいるでしょうか。
そのような方は、鉄分の過剰摂取により炎症を起こしている可能性があります。
むしろサプリの過剰摂取によって、炎症を起こして脂肪肝炎になることもあるのです。
こうなってしまったら、元も子もないですよね。

鉄の過剰摂取が危険な理由

なぜ鉄分の過剰摂取が脂肪肝の方にとって危険なのでしょうか。
まず、鉄分の70%は血液のヘモグロビンに使われています。
そして残りの25%や過剰摂取された鉄分は、肝臓に蓄積されていきます。
しかし、脂肪肝になってしまうと吸収しやすい体質となり、鉄分を多く溜め込んでしまうのです。

肝臓に鉄分が溜まりすぎると、活性酸素を浴びた肝臓は衰えていき再生する能力が急激に落ちていきます。
また、この活性酸素は鉄分も酸化させて熱を起こします。 この熱により肝臓が炎症を起こして脂肪肝炎になってしまう流れです。

鉄分の過剰摂取は脂肪肝炎を引き起こす要因になるので、脂肪肝の方はぜひ気をつけましょう。

 

 

脂肪肝はサプリで解消!無理しない

肝臓に良いとされるサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は牡蠣としじみを贅沢に両方使ったあのサプリでした。

おすすめ脂肪肝サプリランキング

⇒脂肪肝に効くサプリランキング

-脂肪肝改善サプリ

Copyright© 脂肪肝を改善 , 2018 All Rights Reserved.